住宅ローンをいくら借りたらいいのかわからない

住宅ローンをいくら借りたらいいのかわからず、ネットや本で調べたこと

 

はありませんか?

 

そんなとき、よく目にするのが

 

・借入額は年収の5倍以内

 

・返済負担率(年収に占める住宅ローン返済額の割合)は年収の2~3割程度

 

といった『目安』。

 

 

「我が家は年収が○百万円だから・・・」

 

と計算するのはちょっと待ってください。

 

これらの『目安』は、あなたに当てはまらないかもしれません。

 

 

なぜなら、住宅ローンを契約する人の年齢はさまざま。

 

当然、返済できる年数も人それぞれです。

 

35年返済できる人なら年収の5倍借り入れても返済できるでしょうが、

 

あと20年で定年を迎える人は?

 

老後のことを考えると、定年までには返済を終えたいですよね。

 

 

 

それに、家族構成や健康状態も人それぞれです。

 

子供の進路によって、教育費は大きく異なります。

 

収入が全く同じでも、生活に必要な支出まで全く同じということはありません。

 

ということは?

 

そう、上記の2つは『目安』になり得ないということがわかります。

 

 

 

では、何をもとに予算を算出すれば良いのでしょうか?

 

 

答えは『返済可能額』です。

 

毎月無理なく返済できる額を算出し、返済期間や金利を考慮して予算を導き出します。

 

この時、忘れてはならないことがあります。

 

固定資産税やメンテナンス費用の積立額を考慮することです。

 

 

このことについては何度もお話ししているので、

 

「またかー」

 

と思われるかもしれません。

 

しかし、正しい予算を決めることはとても重要なことです。

 

予算次第で、将来の生活が大きく変わってしまいますからね。

 

なので、これからも折に触れてお話しするつもりです。

 

覚悟してくださいね。(笑)

 

 

私は、あなたの家づくりが成功することを願っています。

 

そのために、必要な情報をこれからもどんどんお届けします。

 

ただ、私からの一方通行だけだと、あなたが欲しい情報をすぐにお届け

 

できないことがあります。

 

 

そんな時は、電話でもメールでも構いません。

 

気軽に連絡してくださいね。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。