佐賀の注文住宅は経費を掛けなければ安くなる

住宅雑誌や家づくりの本を読むと必ず複数の建築会社から同じ条件で

 

相見積もり、競争見積もりをとりなさいと書いてあります。

 

 

それは1社だとその1社の都合のいい見積もりが出てきて、当然のように

 

安くていい家にならないからです。

 

 

その1社も他に競争相手、ライバル会社がいない訳ですから、高めの見積もりを

 

出すのは当たり前です。

 

 

そして、1社だと相場観も分かりませんし、その見積もりが高いのか?安いのか?

 

わかりません。

 

 

建築施工業者からしたら、我が社だけに見積もりを依頼してもらい、我が社とだけ

 

契約を前提に打ち合わせをしたいというのは当然のことでもあります。

 

 

しかし、施主としてはそのような建築施工業者の内情は関係ない訳で、

 

多くの建築業者の中から自分に相応しい建築施工業者を探したい訳です。

 

建築施工業者も施主さんから選ばれる会社になるためにはいろいろな企業努力が

 

必要な訳です。

 

 

施主さんから求められない会社は存在価値はない。

 

社会の役に立っていないということです。

 

 

なんも努力していない建築施工業者さんにとっては頭の痛いことかも

 

知れませんが、家づくりは施主さんにとって人生で最も高い買い物な訳ですから

 

建築施工業者もその求めに応えなければならないというのが私の家づくりの考え方です。

 

 

ところで、私のところへ来られるお客さんで地域の建築会社、大手ハウスメーカーと

 

家づくりの相談をしていたという方も多いのですが、その時の見積金額を聞くと?

 

 

 

35坪くらいの家で建物本体で大体2300万円~2600万円の見積もりが出ています。

 

この金額では無理なのでどうにかしたいというご相談です。

 

そこで私がその場で見積もると大きな違いがわかります。

 

 

 

建築サポート見積もりはこうなります。

 

35坪X自然素材x高断熱x高耐震xデザイン住宅

 

 

施工費が770万円。

 

材料費が870万円。

 

設計費が92万円。

 

施工、材料発注代行料が230万円。

 

建築サポート費用が60万円。

 

 

建物本体合計が2022万円。

 

 

きちんと積算見積もりをすればもっと安くなる可能性はあります。

 

 

あなたは何もしなくても、建築サポートのアドバイス通りにやるだけで、

 

300万円から600万円は普通に安くなります。

 

 

良い家を安くつくるは実現できるんですね。

 

 

そもそも利害関係がある建築施工業者と住宅相談や建築費の相談をするという事が

 

建築費を高くする行動ですので、それは止めた方がいいですね。

 

 

 

 

正しい家づくりの流れは何回も言いますが以下の流れです。

 

資金計画、積算見積もり⇒設計⇒建築施工業者選び⇒契約

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net