佐賀の注文住宅にはこんな24時間床下換気はどうでしょうか?

通常の24時間換気と言えば、換気機器本体を小屋裏に付け、居室からダクトを

 

天井裏で引いたり、

 

又は各居室、トイレの壁に換気扇を付ける方法が多いかと思います。

 

 

今回は床下に換気機器本体を取り付ける床下24時間換気を紹介します。

 

この床下で換気するメリットはやはり床下の湿気や結露を防ぎ、

 

床下環境がよくなるという点です。

 

床下で換気しますので当然床下は室内の扱いで基礎断熱にする必要が

 

あります。

 

床下と室内の空気が循環しますのでエアコン暖房や冷房との相性もいいです。

 

間取りや断熱性能によっては家中暖かく涼しくすることも可能です。

 

これからの24時間換気として採用されたらいかがでしょうか。

 

 

佐賀のような温暖な気候に建てる注文住宅にはピッタリくる24時間換気システムでは

 

ないでしょうか。

 

 

img_sumikaeco_01.jpg

澄家DCは、一般的な熱交換換気に比べ床下に設置することにより、人にも住宅にも、より健康的な換気を実現しています。

床下から給気する空気の流れは、住宅の床下も計画換気の対象となり、さらにエコエアーシステムと組み合わせれば、

小屋裏空間でさえも空気の通り道となります。

人も家も呼吸しているので、健康的に暮らすのであればどちらにも換気が必要不可欠といえます。

詳しくはコチラ👇

http://www.mahbex.com/service/ventilationsystem/sumikaeco.html

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net