間取りも決まり使う材料も決まり見積もりが出てきたところ・・・予算が全然足らない。さ~どうする?

間取りも決まり使う材料も決まり見積もりが出てきたところ・・・予算が全然足らない。さ~どうする?

よくあるパターンです。

この原因は?

最初に資金計画をきちんと立てないとこうなります。

夢や希望を間取りや仕様にどんどん詰め込んでいくと予算が足らなくなるのは

予想がつきます。

そして予算オーバーしてから夢や希望を一つずつ諦めていく作業は

施主にとっては苦痛です。

 

楽しいはずの家づくりが夢を諦める家づくりになってしまうのです。

これを防ぐためには最初に資金計画をきちんとやって家にいくら、土地にいくら、別途工事にいくら、

税金にいくらなどと予算配分をしなければなりません。

そしてその予算の中でやれることを考えていくと予算オーバーもしないし、夢や希望を

諦める必要もありません。

これが正しい家づくりの進め方です。

さて、そうはいっても工務店によっては予算も資金計画も何もない状態で

施主様の夢や要望だけを聞き、それを図面化した状態で予算オーバーする場合があります。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

 

多くの人が考える方法は?

 

他の工務店2~3社にも見積もりを頼む方法。

見積もり

これなんですね。

確かにこれも一つの方法ではあるんですが、こうなると工務店も

仕事を取りたい暇な工務店は、目に見えないところを省き金額を安くしてくるかもしれません。

また、忙しい工務店は、わざと指名されないように高く見積もりを出すかも知れません。

たとえ見積もり金額が予算内に納まったとしても、このような関係で依頼先を決めても、

決していい家づくりが出来るとは思えません。

信頼関係というよりも金額だけの関係で家づくりをするわけですからトラブルも多くなることが

予想されます。

 

では、どうしたらいいのか?

それはただ一つ。

信頼した依頼先の工務店にただ一言「私の最高限度の予算はこれだけだから、何とかしてもらえないか?」

こう言えばいいのです。

その工務店が本当の正直で信頼できる工務店できちんとした仕事に誇りを持っている工務店なら

材料や、目に見えないところを落とすのではなく、利益をぎりぎりまで下げたり、効率のいい家づくりの

方法など予算内でいろいろ提案してくれることでしょう。

 

よく工務店からの見積もりが高かったからとか、予算がオーバーしていたからと、

その工務店に本音で相談することもなく、簡単に他の工務店に見積もりを依頼する人が

いますが、それが失敗する家づくりの原因です。

安ければ何でもいいという人はそれでいいですが、一生で一回きりの家づくりを失敗したくない

と思う人はそれをやったらいけません。

ここだ!この工務店なら信頼できると思えるところに本音で相談しましょう。

あなたが見込んだ工務店ならきっと希望を叶えてくれるはずです。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net