一括発注、請負のメリット・デメリット

家を買うなら注文住宅で自分好みの家にしたい!

 

そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

キッチンや水回りの設備、内装、外構などは特にこだわりのある方は多いものです。

 

注文住宅を発注する場合「一括発注方式」と「分離発注」という発注方法があります。

 

 

発注方法に種類があるのであれば、事前にその違いを知っておきたいものですよね。

 

 

今回はこの2つの発注方式の中で最もスタンダードな「一括発注方式」について

 

メリットとデメリットを含めご紹介していきますね。

 

 

 

・一括発注方式とは?

 

一括発注方式は、最も一般的な発注方式になっていて、○○工務店などの建設会社へ

 

すべての工事を一括して依頼することです。

 

建設会社へ一括して依頼することにより、工事上の管理や下請け工事会社の管理、

 

そして工事料金管理なども全て建設会社が窓口となって行ってくれます。

 

 

 

・メリット

 

一括発注方式の一番のメリットは窓口が建設会社1つだけになるので、工事中に

 

発生する業務や対応などの相談は建設会社のみにするとよいことになります。

 

そのため、責任体制を明確化することができるのに加えて、工事を発注する方

 

の負担も軽減されます。

 

 

また、アフターメンテナンスについてもフォローしてくれる建設会社が多くなって

 

いますので、後々の心配もしなくて済むのです。

 

さらに、建設会社はこれまでの工事経験によって培われてきた技術やノウハウが

 

蓄積されているため、元請けとしての工事管理技術は高くスムーズに工事を

 

進めることができます。

 

 

 

・デメリット

 

デメリットとしては、見積もり内容がわかりにくく作られていて、コスト高の

 

要因になっている場合が多くあるということです。

 

 

一般的に見積書は専門用語が並んでおり、一般の方が家を発注して見積書を

 

とってもらっても正しく内容を理解することは非常に困難な場合が多くなって

 

います。

 

 

見積書の内容については図面上との整合性の確認をしっかりと行う必要があるので、

 

大幅な値引きや一式という表記が多い場合は注意しましょう。

 

 

 

一括発注方式についてお分かりいただけたでしょうか?

 

窓口を一つにすることで手間が省ける部分はありますが、一方で工事費が何に使われて

 

いるのか明確に分からないまま発注してしまうという方も少なくありません。

 

 

一括発注方式をお考えの方はこのようなデメリットも事前に理解しておきましょう。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net