家づくり、注文住宅のトラブルの原因

家づくりではいろいろなトラブルが発生しています。

 

特に注文住宅の場合が多いようです。

 

なぜ、注文住宅がトラブルが多いのでしょうか?

 

個人的な考えとしては、お施主さんが素人判断でいろいろな専門的な

 

ことまで注文するから?

 

お施主さんが考えて決断しなければならない部分を建築業者に

 

丸投げで任せるから?

 

お施主さんも工事業者も信頼関係がなく、お互いがお互いを責めるから?

 

 

建築業者がお施主さんの考えを分からないまま、確認しないまま

 

工事を進めるから?

 

工事業者の施工が下手だから?

 

お互いが誠意がないから?

 

お施主さんと建築業者が対等な関係で家づくりの良き

 

パートナーになっていないから?

 

こんなところでしょう。

 

 

インターネットなどでそのトラブルの内容を見てみると

 

一番多いのが、施主が思っていた、考えていた外観や

 

仕様、納まりが違うというものです。

 

 

図面ができて契約し工事が始り、ある程度形が見えてきてから

 

施主がこんなはずではない!

 

 

なんで、窓ガラスが透明なのか?

 

何で天井高が2300ミリしかないの?

 

なんでサイディングの色がこの色?

 

なんでこの外観?

 

何でこの材料?

 

などなど他にもたくさんあります。

 

 

ということで工務店やハウスメーカーにクレームを言うということです。

 

 

う~

 

これは嘘のような本当の話なんです。

 

 

契約時、工事着工時点でこんな基本的なことは分かっているはず!

 

 

こような問題、トラブルが多い原因は工事着工前に完成した

 

設計図面を作っていないからです。

 

 

図面は作っていてもパースやイラスト程度の図面(笑)

 

これでは工事ができません。

 

 

 

細かい納まりや仕様が記載されていない図面は未完成の図面なんですね。

 

その点は私も反省しています。

 

これからは完成された図面ができてから着工を守りたいです。

 

 

施主さんからこれは着工後に決めて良いでしょう。

 

何て言われて良いですよと、今までは応えていましたが

 

これからは図面を完成させてから工事に入りましょうと言うつもりです。

 

 

 

図面が完成していない場合、たとえば、天井高は多くの場合、2400ミリですが

 

これも多くの場合なんです。

 

標準的な高さでも何でもありません。

 

 

建築基準法で居室の天井高は2300以上と決まっています。

 

 

建築士や施主の好みで2300ミリのような少し低い場合もあるんです。

 

居室じゃないトイレ等は2200ミリのようなもっと低い場合もあるんです。

 

 

2400ミリあるのが標準だと思っていた施主。

 

図面に記入されている天井高を確認しなかった施主。

 

天井が仕上がってから低い!

 

ということになります。

 

 

注文住宅の場合は施主が主役です。

 

建築会社はその家づくりを手伝う立場です。

 

 

施主さんの方も、もっと自分が注文した家ならばもっと真剣に図面や資料を見て

 

注文したとおりになっているのか、希望したとおりの材料が

 

使われているのか、確認しなければなりません。

 

 

施主さんがやらなければならないことを怠ると上で書いたような

 

事態になってしまい、建築会社とのトラブルになります。

 

 

その点、規格住宅、企画住宅の場合は仕様や納まりが最初から

 

決まっているのでそのようなトラブルはあまりありません。

 

 

家づくりに集中できない方、勉強をしない方は注文住宅を

 

建てない方が無難です。

 

 

無垢漆喰工房やCASAVIVACEは自由設計ではありますが

 

注文住宅とは違うので仕様や納まり材料は最初から決まっています。

 

そういったことで、思い違いや勘違い等のトラブルはありません。

 

 

 

一方、完全自由設計の注文住宅の建築会社は普通より、違う納まりや、違う材料

 

を使う場合はいくら図面に記入していようが、施主に説明し確認する必要があります。

 

 

 

施主が注文した家を建てるのが注文住宅の基本ですから。

 

それを怠ると施主とのトラブルになります。

 

 

結局のところ注文住宅の家づくりは施主と建築業者との共同作業

 

で意志を確認しながら進めるということです。

 

 

 

共同作業ですからどちらかがきちんと自分がやらなければならないことを

 

やらないと問題が起こります。

 

 

私が契約後1ヶ月以上時間を置いてから着工するのをお勧めしているのは、図面を

 

ゆっくり見る時間が必要だと思うからです。

 

 

 

工事が始ると現場はあれよあれよという間に進んでいきます。

 

そこで注文した家と違うと言っても後の祭りです。

 

 

そうならないために、図面を基に分からない部分は全部確認し

 

間違いないということが確認できた時点で着工すればいいのです。

 

 

 

 

施主の勉強不足、確認不足、業者任せ!

 

建築業者の説明不足、確認不足、説明資料不足!

 

この2つがいろいろなトラブルの原因です。

 

ご注意を!

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net