健康に暮らすためには、まず住まいから木造住宅

少し前から「自然派○○」という言葉をよく耳にします。

 

「自然派洗剤」「自然派食品」など、毎日の生活に深く関わるものは

 

自然由来のものを使って健康に生活したい!という気持ちの表れでしょう。

 

 

 

もちろん消費財や食品もかなり毎日の生活に関わっていますが、最も深く

 

生活に関係しているものは何といっても「家」ではないでしょうか。

 

 

健康に生活するためにはまず家から!ということで「健康住宅」を

 

建てるにあったって知っておくべき事をお伝えしようと思います。

 

 

 

 

まずは「住宅構造の特徴」からご紹介しましょう。

 

日本の住宅構造においては「鉄骨造」「鉄筋コンクリート構造」「木造」

 

の3つが主流です。

 

 

・鉄骨造住宅の特徴

 

鉄骨造住宅は厚さ6mm未満の鋼材を構造体に用いる軽量鉄骨造と、

 

厚さ6mmを超える鋼材を用いる重量鉄骨造の二つに分類されます。

 

耐震性と火災へのある程度の耐性などから、家には丈夫さを求める

 

という方におすすめです。

 

 

家の一部を事務所や店舗にしたい方など、階数や部屋によって用途を

 

分けたいという方は鉄骨造住宅を選ぶと良いでしょう。

 

二世帯住宅で利用される場合にも、防音性の高さからプライベートを

 

分けることができます。

 

 

ただし、規格化された材料を使うため、設計の自由度は低めです。

 

 

 

・鉄筋コンクリート構造の特徴

 

鉄筋をコンクリートで覆い、構造体をつくります。張力に強い鉄筋と、

 

圧縮力に強いコンクリートを組み合わせた工法で、高い耐久性と

 

気密性を誇ります。

 

大空間がある、大きい家が欲しい、デザイン面でもこだわりたいという方

 

にお勧めです。

 

 

気密性、防音性、耐火性、耐震性にも優れています。

 

しかし一方で、結露が生じやすく、カビが発生しやすい点や、コストが

 

かかるというデメリットもあります。

 

 

・木造住宅の特徴

 

古くから日本で採用されてきた木造建築は、近代化が進んだ今日でも日本の

 

住宅の半分以上を占める構造で、木材を構造体に使用します。

 

自由度の高さから、家族の希望を取り入れて、自由な家づくりを楽しみたい人や、

 

化学物質に敏感な家族、体が少し弱い家族がいるといった場合にもおすすめです。

 

また、単純に予算をなるべく抑えたいという要望がある方も木造住宅を検討する

 

と良いでしょう。

 

 

 

あこがれの自然派ライフ!自然素材で健康住宅を建てよう。

 

 

木造住宅のメリット

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、鉄骨造住宅と

 

鉄筋コンクリート造住宅は防音性や気密性など似通った部分が多いです。

 

 

つまり、逆を言ってしまえばそれだけ木造住宅のメリットは他の2つに

 

比べて特徴的であるといえます。

 

 

 

・お手軽な建築費用

 

まず木造建築の魅力として挙げられる特徴は「安価な建築費用」です。

 

使用する木材によって差はでますが、他の構造比べてコストが割安です。

 

 

理由1:材料費が安い

 

コンクリートや鉄骨に比べて木材の材料費が安いため、単純に全体の

 

コストが安くなります。

 

 

理由2:工費が短い

 

鉄筋コンクリートの工期は8カ月程度、木造の工期は4カ月~6カ月程度と、

 

大きな差があり、その分必要な人件費が安くなります。

 

 

坪単価(1坪あたりの金額)で比較すると

 

木造=40万円~80万円

 

鉄骨=50万円~90万円

 

鉄筋コンクリート=60万円~100万円

 

となり、最もお手軽であるということが分かっていただけるのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

・自由度が高い

 

木造軸組工法の場合は、建築基準法などの法的基準を満たす限り、

 

間取りやデザインなどを自由にプランすることができるため、

 

注文住宅に向いた工法であるといえます。

 

 

リフォームや増築への適応能力も高いので、家族の形態の変化にも

 

柔軟に対応できるということです。

 

長年暮らす住宅においては重要な要素ではないでしょうか。

 

 

・木材による精神的なメリット

 

コンクリートに囲まれている時と、木材に囲まれている時、

 

どちらがリラックスできますか?

 

 

コンクリートと木、触れてみてどちらの方が心地よいですか?

 

木材に囲まれた暮らしは、人間や生き物の精神を落ち着かせる効果が

 

あることが科学的に証明されています。

 

 

木に触れると、なんだかホッとしたという経験がある方もいるかと

 

思います。

 

 

木材は自然物ですから、木目によって視覚から癒しを受け、木の匂いは

 

疲労回復に効果があり、実際に木に触れることで人間の脳は安定すると

 

いわれています。

 

 

暮らしの中心となる「家」でリラックスできるということは精神的にも

 

大切なことですよね。

 

 

・木材の持つ調湿効果

 

木材の持つ力のひとつに、調湿効果があります。冬の乾燥した時には木材は

 

蓄えていた水分を空気中に放出し、逆に湿気の多い時期では、空気中の水分を

 

吸い込んでくれる働きがあるので、結露やカビの発生も比較的抑えられます。

 

 

日本は季節によって湿度が大きく異なるので調湿という機能のある木材建築が

 

いかに日本の風土に適しているかお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

 

 

現代においても新規着工の住宅のうち55.5%は木造住宅です。

 

安価で自由度も高く、日本の気候にも適しているという「木」の特徴が、

 

半数を超える方が木造住宅を選ぶ理由になっています。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。