建築家との家づくり。建築関係者は最新の情報を知っている?

家づくりの依頼先はハウスメーカー、地域の建築会社、地域の工務店

 

 

が多いのですが、少数派ということで建築家という選択肢もあります。

 

 

1級、2級、木造建築士は資格ですが、建築家という資格はありません。

 

 

資格が無くても建築家と名乗ることはできますが大体は一級建築士の

 

 

資格を持って活動されているかと思います。

 

 

 

 

 

■建築家とは

 

一般に建築における建物の設計や工事の監理を専門とする業者のことを指し、

 

個人で経営しているタイプと建築設計事務所に所属しているタイプが存在します。

 

 

 

■メリット

 

・オリジナルの設計デザインが可能

 

買い手のこだわりを反映させやすく、画一的なデザインから抜け出すことが出来ます。

 

 

 

・施工業者の間でコミュニケーションの橋渡しをしてくれる

 

設計の統括者はアーキテクト、構造分野は構造エンジニア、設備分野はエンジニア、

 

と建築家によっても各々が専門とする領域が違います。

 

 

建築設計は、それら建築設計事務所や個人がパートナーシップを組んで行われるため、

 

施工業者間でコミュニケーションをとり、その場に応じた専門家を紹介してくれること

 

が多いです。

 

 

 

・スケジュール管理や施工の管理など全般的なサポートをしてくれる

 

建築においての専門家であり、サポート面は充実しています。

 

 

 

■デメリット

 

・総費用が高くなりがち

 

こだわりを反映しやすい反面、工務店やハウスメーカーと違って設計に関して設計料が

 

発生するので、総費用は業者の中でも高い方であると言えます。

 

 

 

・建築家一人一人に依存する形になりやすい

 

買い手がこだわりを持っているのと同じように、より専門的な知識を持つ建築家も自身の

 

建築にこだわりを持っていることがあります。

 

こだわりが強すぎる建築家であると一つの作品として仕上がってしまう場合もあるようです。

 

 

 

・契約しないと詳細図面が出てこない。設計料が無駄になる可能性がある。

 

詳細な打ち合わせを行うには設計契約を行わなけばならない場合が多いようです。

 

また出来た設計やデザインが合わなければ設計料が無駄になってしまいます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

マイホーム作りにおける建築家の特徴についてお分かりいただけたと思います。

 

ある程度資金にも時間にも余裕を持ち、デザインや建築資材などにこだわりを持つ、

 

オリジナリティのあるマイホームを好む人にぴったりの業者だと言えるでしょう。

 

 

ところで、

 

新築住宅に対して、2020年までに省エネルギー基準への適合が

 

義務化されていることをあなたはご存知ですか?

 

よほど関心がない限り、一般の人は知らないかもしれません。

 

 

 

じつは、国土交通省の調査によると、その内容を十分に把握し

 

ている業者は、わずか1割程度にすぎません。

 

驚くことに、

 

「聞いたことはある」

 

「知らない」

 

と回答した業者は4割を占めます。

 

中小の業者ほど認知度が低いようです。

 

 

 

 

まだ時間はあるといえ、ちょっと不安になる結果ですね。

 

 

日本は、エネルギー資源の大部分を海外に依存しています。

 

そのため、資源の有効活用をして、国民経済の負担を和ら

 

げる必要があります。

 

 

 

 

また、地球温暖化を防ぐため、二酸化炭素の発生量を抑える

 

ことが大切になります。

 

それができるのが省エネ住宅です。

 

 

ただ、省エネ住宅の施工には、より高度な知識と技術が必要に

 

なります。

 

 

 

そのため、業者を対象にした技術講習会が定期的に開かれています。

 

しかし、小規模な業者の場合、日々の仕事に忙殺されて時間を捻出

 

できないケースもあります。

 

 

 

そのため、業者間のレベル格差が課題になっています。

 

 

驚くことに、未参加の業者のうち約3割は、講習会が開催されてい

 

ることすら知らない状況です。

 

 

逆に、積極的に学んでいる業者は、すでに省エネ基準に適合した

 

住宅を施工しています。

 

 

ということは、業者の学ぶ姿勢によって、彼らが提供できる住まい

 

は全く違ったものになるということです。

 

 

 

それだけでなく、省エネ住宅は価格が高くなり、断熱コストの

 

考え方やコストダウンの知識も、業者によって雲泥の差があり

 

ます。

 

 

これからは高性能の省エネ住宅でも安く建てることが求められます。

 

 

 

 

一般の人から見ると、家づくりの専門家である住宅業者は先生といっ

 

てもいい立場です。

 

 

 

だから、専門知識が豊富で、知らないことがないのが当たり前と思い

 

がちです。

 

 

 

しかし現実は、そうではないことを知っておきましょう。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net