家づくりの自己資金

マイホームを建てるとき、自己資金はどのくらいを考えているでしょうか。

 

自己資金が0でもマイホームは建てることができますが、今後のローン返済額

 

を考えるとできるだけ自己資金を用意したいという方も多いと思います。

 

 

しかし自己資金というと、頭金と混同しやすいので家を建ててから知らなかった

 

ということがないように注意が必要です。

 

 

 

まず頭金というのは、金融機関から借り入れるローンの返済を少なくするためや

 

ローンを借り入れるための審査に通らないときに用意するためのお金になります。

 

 

基本的に土地や建物の代金を支払うために必要なお金のことです。

 

 

対して自己資金はこの頭金と諸費用を含んだお金になります。

 

諸費用というのは、家を建てるために必要な手数料や税金、保険料の

 

ことで現金で必要になります。

 

 

 

この諸費用を知らないでいると、ローンの借り入れ額を増やさないと

 

いけないことになったり、これから生活していくうえでこのしておいた

 

貯金から出すことになったりして困る場合もあります。

 

 

 

せっかく綿密に計算して月々払える金額でローンを組んだとしても、

 

この諸費用のことを知らなかったばかりに、また一から計算しなおさなく

 

てはならない事態に陥る可能性もあるのです。

 

 

自己資金の一般的な金額は100万から150万ともいわれ、もちろん自己資金

 

を含んだ額を借り入れしてもよいのですが、金利のことも考え返済額を

 

減らしていきたいのであれば、やはり頭金プラス諸費用をあらかじめ

 

考えてからがよいでしょう。

 

 

マイホームを購入するときはまずこの諸費用のことを考えた上で、頭金のこと、

 

ローンの支払い額を考えていきましょう。

 

 

 

このように自己資金はマイホームを建てる際、購入する際にまず考えなくてはならない

 

お金です。

 

 

諸費用は建てる住宅によってかかるお金が変わってきますが、あとから計算

 

がくるって困ったなんてことがないように、あらかじめしっかりと頭に置いて

 

考えておきたいものですね。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。