土地・建物については、両方とも所有したい

■こんな調査があります

 

 

  国土交通省が定期的に行っている調査の一つに

 

  「土地問題に関する国民の意識調査」があります。

 

 

  27年度の調査では、

 

  ・土地・建物については、両方とも所有したい・・・79.5%。

 

  ・建物を所有していれば、土地は借地でも構わない・・・4.5%。

 

  ・借家(賃貸住宅)で構わない・・・12.7%

 

  となっています。

 

  前回の結果と、それほど変化はありません。

 

 

  次に、土地・建物を両方とも所有したい理由について。

 

  ・子どもや家族に土地・建物の形で財産を残したい・・・51.9%

 

  ・土地・建物は他の資産と比べて有利な資産だから・・・37.4%

 

  が上位2つの回答です。

 

 

 

  ■過去最高値です

 

 

  興味深いのが、「土地は預貯金や株式などに比べて有利な資産か」

 

  という問いに対する回答です。

 

 

  初回調査(平成5年度)では、

 

  「そう思う」・・・61.8%

 

  「そうは思わない」・・・21.3%

 

  と、大きな差がありました。

 

 

  しかしその差は年々縮まり、平成12年度に逆転。

 

 

  今回の調査では

 

  「そう思う」・・・30.1%

 

  「そうは思わない」・・・41.3%

 

  となっています。

 

  「そうは思わない」人の割合は、過去最高です。

 

 

 

  ■こんな方法もあります

 

 

  不動産を所有した場合、

 

  処分の難しさ、収入減等によるローン負担の増大など、

 

  不動産ならではの苦労があります。

 

  その苦労を減らすため、

 

  土地を購入するのではなく、

 

  定期借地権付きの土地を利用する人もいます。

 

 

  人口減少のため、

 

  今後は空き地や空き家が増えることが予想されています。

 

  そのため、定期借地権を付けた土地活用に

 

  関心を寄せる人も少なくないとか。

 

 

  定期借地権付きの土地は、契約期間が終了したら

 

  更地にして地主に返還しなければなりません。

 

  一方、地主の承諾があれば、

 

  第三者に建物を貸したり売却できるという自由もあります。

 

 

  土地を購入した方が良いのか、

 

  借りた方が良いのかについては正解はありません。

 

  しかし、選択肢が増えるのはありがたいですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。