持家か賃貸か?

結婚後、賃貸住宅で暮らすか一戸建てを建てるべきか…。

 

そんな悩みを抱える人がいます。

 

あなたはどうでしたか?

 

 

 

賃貸住宅の長所は、家族の成長に合わせて住み替えができることです。

 

子どもが増えたら広い所に住み替えればいい。

 

転職して収入が減ったら、その収入に合う物件を探せばいい。

 

そう考えるとラクですね。

 

 

 

さらに、将来新築するとき、賃貸住宅での暮らしにくさを参考にする

 

ことができます。

 

 

ただ、賃貸住宅には短所もあります。

 

家賃を支払っている分、新築に向けての資金作りに時間がかかることです。

 

また、その賃料を資産形成に役立たない『捨て銭』と捉えると、ストレス

 

になることがあります。

 

 

一方、最初から持ち家で暮らすことの一番の長所は、余計な出費を減ら

 

せることです。

 

それは、家賃のことだけではありません。

 

家に合わせて購入する家具や家電もそうです。

 

 

賃貸より持ち家の方が、精神面で豊かだと感じる場合が多いというデータ

 

もあります。

 

安定した居場所があることで安心感を得られるからです。

 

 

次に短所ですが、家族が増えて生活スタイルが変わったり、転職して収入が

 

減った時に対応できない場合があることです。

 

そのリスクを減らすためには、家族の変化に対応できる間取りにしたり、

 

収入がある程度減っても対応できるような、無理のない住宅ローンを組ん

 

でおかなければなりません。

 

 

 

賃貸か一戸建てか。

 

この問いに対する正解は人それぞれです。

 

それぞれの長所と短所を見て、最も良いと思われる方法を選びたいもの

 

ですね。

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net