注文住宅は全て決まってから工事

安易な設計変更はトラブルのモトです 。

 

上棟式を終え、家が完成に近づいていく様子を見るのは

 

とても楽しいものです。

 

 

その一方で、

 

「壁の色は、やっぱり最初の案の方が良かったな」

 

「ここに収納を設けるのを忘れてた」

 

など、いくつかの後悔が出てくることがあります。

 

 

中には、大きな設計変更を要求する人もいます。

 

 

 

より良い家づくりのための行動ではありますが、

 

注意が必要です。

 

 

 

なぜなら、設計変更は、

 

家の性能に影響を与えることがあります。

 

 

 

新たな材料の発注、人材の確保も必要です。

 

当然、予算は増えます。

 

工期延長の恐れもあります。

 

 

 

もし、一度完成したものを壊してやり直すのなら、

 

大工の士気が下がります。

 

士気が下がった状態での手仕事は、

 

完成精度に不安が残ります。

 

 

もちろんその追加費用はもらってもやる気は下がります。

 

 

 

 

「小さな変更だから」

 

と図面の修正をせず、書面を残さず、

 

現場での口約束だけで済ませる人がいます。

 

 

 

そうすると、

 

「小さな変更だからタダでやってくれると思っていた」

 

「指示されたとおりに変更したのに指示通りでないと言われた」

 

など、新たなトラブルが生まれます。

 

 

こうなると、もうお互いに

 

家づくりを楽しむことはできません。

 

 

あなたが業者と契約を交わす時、

 

間取りや設備、材料に至るまで、すべてを書面化します。

 

 

「これらの書類に記載されている通りの家づくりをしましょう」

 

とお互いに相手を信頼して約束するのが契約です。

 

その重さを、しっかり意識しておきたいですね。

 

 

 

 

とはいえ、初めて家づくりをする人が

 

図面だけで全体のイメージを把握するのは、

 

とても難しいことです。

 

 

 

立体的なイメージを掴むには、模型を作ったり、

 

OBさんの住まいを見学したり、

 

ショールームで色や手触り、使い勝手などを確かめたり、

 

さまざまな行動を重ねる必要があります。

 

 

わからないことや納得しきれないことを

 

そのままにするのは避けましょう。

 

「業者が言うとおりにすれば大丈夫だろう」

 

と、安易に業者任せにするのもやめましょう。

 

 

設計変更でトラブルになった事例は多いものです。

 

そんなトラブルは、できるだけ避けたいですね。

 

 

 

私の方でも今は全て決まってからの着工をするよう

 

流れを変えています。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net