注文住宅で家づくりを失敗する人

家づくりで価格を重要視する人は少なくなりません。

私も価格は重要な要素です。

高い家を建てて失敗した人、高い家を買って家族が

不幸になった人、高い家を売り付けられ人生がダメになった人。

いろいろなケースがありますが、全部身の丈以上の高い家を建てた、

買った。そういうことです。

 

豊かな生活をするとはムリな家づくりをしないという事です。

身の丈以上の高い家を建てない、買わないという事です。

人生を楽しむとは借金に追われないという事です。

家づくりで失敗しないよう安くていい家を建てましょう。

ところで現在の家の価格としては本体1坪55万円前後というのが

一つの目安です。

 

この目安の単価は家の大きさや仕様、グレードで若干変わってきますが

大体の目安としては間違っていません。

なので30坪位の家で本体坪単価70万円とか80万円というのは一般的な家づくり

の価格ではないという認識を持ってくださいね。

話は変わりますが、

 

予算が十分あるという人はほとんどおられません。

ではどうするかというと、その予算の中で出来る事を考えるのです。

もちろん、私だけではなく、あなたも一緒にですよ。

予算の中でどのくらいの家ができるのか?どのくらいの大きさならいいのか?

どの材料なら使えるのか?などなど。

これが最良の家造りの方法だと思いませんか。

しかし、この方法は、価格や材料の良し悪し全てを公開する

必要もあるのです。

 

普通の建築会社はなかなか公開したくないところですが・・・

これからは家造りも個人が行なう最大の事業ですので、

メリットデメリットキチンと分かっておくことが大事です。

一般的には、詳しい説明にない根拠のない見積もりって多いですからね。

価格の根拠や材料の良し悪し、メリット、デメリットを

キチンと分かった上でどうするか考えなければいい家は建ちません。

いい事だけしか言わない悪い所を隠して家づくりをすすめる建築会社は

要注意ですよ。

 

家は単に雨風をしのげれば良いというモノでもありませんし、価格が安ければ

良いというモノでもありません。

もちろん単に高品質、高性能だからいいというモノでもありません。

家を手に入れることで家族の楽しい暮し、家族の楽しい想いでがつくれる場、

何より家族が幸せになる為の家づくりです。

家づくりの目的を間違わないようにしたいものです。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。