新築後は親世帯、子世帯と同居

今は別々に暮しているけれど新築後は親世帯、子世帯と同居を考えて

 

いる人もいるかと思います。

 

 

ご両親との同居。

 

子世帯との同居などなど。

 

 

それに応じて家を建て替えるご家庭もあれば、リフォームをするご家庭も

 

あるでしょう。

 

 

しかし、どちらにしても世代の異なる家族が暮らすというのは、たとえ

 

実の親子であっても難しいものです。

 

 

はじめから一緒に暮らしていれば、お互いの距離の取り方も身に付いてく

 

るのでしょうが、今まで別々に暮らし、それぞれの生活スタイルが出来上

 

がってしまった後に同居となると、なかなか難しいものがあるでしょう。

 

 

実際、この10年間で社会が激変してきたことを思うと、すでに今、親世代、

 

子世代に、価値観の大きなギャップが存在しているのは疑う余地はないで

 

しょう。

 

 

そして価値観に大きなギャップがあるということは、親世代は子世代の気持

 

ちが、子世代は親世代の気持ちをなかなか理解できないということになります。

 

 

親子間の問題、同居の問題は、とかく個人的な問題として取り上げられます。

 

しかし、もはや個人が・・・という問題ではなく「そういう時代なのだ」

 

と割り切ってしまったほうが、同居のための建て替えやリフォームもうまく

 

いくのかもしれません。

 

 

価値観は違うもの。

 

 

生活スタイルは異なるもの。

 

お互いに無理はできない。

 

この3つを前提にするだけでも、建て替えやリフォームのプランは大きく

 

変わるはずです。

 

 

 

今までの考え方に引きずられることなく、ぜひ新しい同居のスタイルを

 

自分たちで見つけてみてください。

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。