コンセントとLANの検討はご一緒に

コンセントとLANの検討はご一緒に

 

 

 

 

新居で暮らし始めてから

 

「コンセントの位置が使いにくい」

 

「コンセントの数が足りなかった」

 

と嘆く人がいます。

 

 

必要な場所に必要なものがないと、とても不便ですよね。

 

 

ところで、

 

コンセントについて検討する際、ぜひ一緒に考えてほしいことがあります。

 

それは、『LAN』です。

 

 

最近は、インターネットを利用する機器が増えました。

 

PCやプリンタ、テレビやDVDレコーダー、携帯電話や携帯ゲーム機…。

 

家族全員が利用している機器の数を合わせたら、かなりの数になることでしょう。

 

となると、新居でも快適なネット環境を整備する必要があります。

 

 

無線LANは、利用する場所を選ばないので便利です。

 

しかし、複数のご近所さんがそれぞれの無線LANを利用している時間帯は、

 

たびたび通信が途切れることがあります。

 

有線LANに比べると通信速度が遅く、セキュリティ面で不安が残ります。

 

 

 

一方の有線LANは、通信速度やセキュリティ面に問題はないものの、

 

壁内にLANケーブルを通す必要があります。

 

住み始めてからケーブルを通すのは大変です。

 

何より、あちこちの部屋に作業者を呼んで工事してもらうのは

 

気分的に嫌ですよね。

 

 

それなら、コンセントの配置を検討する際は、

 

LANについても検討してみましょう。

 

 

 

 

全部屋に有線LANを設置しなくても、

 

テレビやPCをよく利用する場所だけ設置するなど、

 

自由にアレンジできます。

 

 

もしあなたにゲーム好きなお子さんがいるのなら、

 

成長と共にPCゲームに興味を持つかもしれません。

 

戦闘系のゲームの場合、

 

データ通信量が多いので、無線LANで対応するのが難しいとか。

 

また、PCを利用して在宅ワークをするなら、

 

通信速度だけでなく、安全性も高めたいですよね。

 

 

 

 

図面を見ながら暮らしをイメージするのは、簡単そうで難しい作業です。

 

しかし、間取りや使い勝手を見直すチャンスでもあります。

 

コンセントとLAN環境は、セットで検討したいものです。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net