『住宅のトラブルに関する相談』が67%。

これまでの家づくりの過程で、

 

あなたはどんな人に相談しましたか?

 

両親、親戚、建築経験のある友人、各種セミナーの講師…。

 

相談したい内容によって、いろんな人の助言を受けたかもしれませ

 

んね。

 

 

それでも、契約の段階になると、

 

「この契約内容や図面で、本当に大丈夫だろうか」

 

「金額やスケジュールに問題はないだろうか」

 

と、無性に不安になることがあります。

 

 

そんな時、信頼できる第三者に相談できると心強いものです。

 

 

心強い相談相手の一つとして、

 

あなたにに覚えておいてほしい機関があります。

 

それは、『住宅紛争処理センター』です。

 

『住まいるダイヤル』ともいいます。

 

国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口で、

 

プライバシーの保護は徹底されています。

 

 

相談方法は、電話と対面の2種類です。

 

 

電話相談を担当するのは経験豊富な建築士。

 

常駐弁護士がいるので、必要な時に法律的な助言を受けることもで

 

きます。

 

 

対面相談では、弁護士、建築士各1名が同席します。

 

(人数は弁護士会により変更の可能性有り)

 

相談時間は1時間という制限があるものの、

 

費用は原則無料なので安心です。

 

 

また、全国52の弁護士会に設けられた住宅紛争審査会では、

 

建設住宅性能評価書が交付されている住宅(評価住宅)や

 

住宅瑕疵担保責任保険が付されている住宅(保険付き住宅)の

 

トラブルについて、裁判外の紛争処理(あっせん・調停・仲裁)も

 

行っています。

 

 

 

ちなみに、住宅紛争処理センターが2015年度に受けた

 

新規相談件数は、前年度比10%増の28,638件。

 

そのうち、新築等住宅に関する相談は前年度比12%増の

 

18,786件となっています。

 

(国土交通省が発表した

 

 2015年度の新設住宅着工戸数は920,537戸)

 

 

相談内容は、住宅の不具合や契約に関わる

 

『住宅のトラブルに関する相談』が67%。

 

住宅に関する技術、法令、支援制度等の

 

『知見相談』が23%です。

 

 

新築やリフォームだけでなく、中古住宅やマンションに関する

 

相談や地震などで被災した際の補修に関する相談もできるので

 

スマホやパソコンにブックマークしておくといいですね。

 

 

ホームページには、

 

「契約と異なるタイプの雨戸シャッターが取り付けられた」

 

「遅延損害金や追加工事費について、施工業者と折り合いがつかない」

 

「契約時に要望していた駐車スペースが確保されていない」

 

といった相談事例や、その助言内容などが紹介されています。

 

相談事例は定期的に更新されています。

 

 

 

疑問を感じつつも

 

「プロが言っていることだから間違いはないだろう」

 

と業者の言葉を鵜呑みにしたために

 

トラブルに発展した事例は多いものです。

 

 

疑問や不安を抱いた時は信頼できる相手に相談し、

 

納得してから家づくりを進めましょう。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net