家づくりは総予算が大事!

何度も言いますが総予算とは?

 

追加変更金額が出ないように総予算をシッカリ分かってください。

 

 

 

 

【資金計画】の目的の1つは、

 

「家づくりの総予算を把握すること」ですよね。

 

 

コマーシャルや広告で「坪単価○万円~」っていうのを

 

見たことありませんか?

 

 

「それなら私達にも買えるかも♪」

 

なんて思って、安易に展示場に行ってしまうと…

 

 

 

住宅展示場の雰囲気に呑まれて、

 

営業マンの言葉に押されて、

 

後から後悔することになってしまいますよ~

 

それだけで家が建つわけではないんです。

 

 

でも、

 

「何の費用があるのか分からない?」

 

「どこまでが総予算なの?」

 

というのが本音ではないでしょうか?

 

まずはこの悩みを解決しましょう。

 

 

 

住宅会社に支払う費用を整理します

 

 

家の本体価格

 

・本体価格

 

通常は、坪単価であらわされていますが、

 

家本体の基礎工事や屋根、大工工事などの基本となる工事費

 

が本体価格といわれるものです。

 

 

・オプション費用

 

ここが注意しないといけない所。

 

何が標準か、標準外か、細かなチェックが必要です。

 

 

付帯工事費

 

多くの人が本体価格(坪単価)だけで、家が建つと思っているのでは

 

ありませんか?

 

そう思っている方、結構、多いんです。

 

注意してくださいね!

 

 

・屋外設備工事費

 

住宅会社によって、工事範囲は様々なようです。

 

基本的には、敷地内に引き込まれた上下水の宅内への

 

引き込み工事や電気の引き込み工事などです。

 

50万~100万円かかる場合もあります。

 

 

 

・外構工事費

 

庭やカーポート、門、塀などの外回りの工事です。

 

住んでから行う方も多いですよね。

 

ここも施主さんによって違いますが50万~300万円かかります。

 

 

 

細かくいうと引越し費用や祭事費用なども必要になりますが

 

 

以上が、大抵の方が工事する費用になります。

 

よく聞く「坪単価」意外に必要な費用がありますね。

 

 

要するに坪単価はあくまで、参考程度にしか

 

ならないということですね。

 

 

 

本体工事以外の諸費用、別途工事費がたくさん掛かるのが

 

家作りです。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net