ローコスト住宅とハイコスト住宅。あなたはどっち?

今、住宅業界を見ると、ハイコストの大手ハウスメーカーとローコストの住宅会社の両極端の家が建てられているようです。

どうしても中間の価格帯というのはあまり目立たないので、ハイコストの家とローコストの家の間に埋もれているのかも知れません。

ハイコストとは坪単価70万円以上でローコストとは坪単価50万円以下の家です。

個人的には家はローコストで建てた方がいいと思っています。

もちろん品質は高くなければいけませんが。

 

ところで、

今はローコスト住宅ばかりではなく、大手のハウスメーカーまでもが低価格の商品を出しています。

ハウスメーカーの低価格に対して、本当に大丈夫だろうか?

と心配しているのは私だけでしょうか?

同じ品質や同じ性能なら誰だって安いほうを買います。

 

例えば同じメーカー同じ性能のパソコンが店舗により価格が違うのなら価格だけを比較して安い店舗から買います。

これは当然の事です。

ただ、家となると、どうでしょうか?

 

価格をムリに安く設定してしまうととんでもないことになります。

もちろんムダな経費を省いてできるだけ安く提供するという気持ちは大切です。

実際、私自身もコストダウンをガンガンやっています(笑)

 

しかし、もっと大切な事は、「適切な価格でキチンと建て安心・安全な家で家族が健康に暮らせる」ということなんです。

このことが家の価格では一番大事なことになるんです。

それではなぜ、ムリな低価格がいけないのか?

それは、「価格に見合った家やサービスしかできないということです。」

断定はいけませんね。

 

しかし、やっぱりムリな低価格では高品質できちんとしたサービスもできません。

例えば、建て主が希望されれば安い家を建てるのは可能です。

安い材料を使い、安く仕入れられるキッチンやバス、トイレを使い、間取りも決まったパターンから変更なしで選び、大工や左官の賃金をギリギリまで値切り、屋根工事、基礎工事、の外注金額を可能な限り下げる。

 

また、仕上がってしまったら全く見えない構造材や断熱材の品質を落とす。

これなんかはとんでもない事ですが、素人には(失礼)見抜くことができません。

今は、業界全体が仕事が少なくなっていますので安い価格でも、仕事がないよりマシという業者もいて仕事の品質を下げて施工する業者もいます。

 

そうすればかなり安く家は建ちます。

ただ、このように建てられた家で建て主が満足するかです。

 

「家族が健康に快適に暮すことができる家」になるのかです。

ほとんどの人はこれでは満足できないと思います。

満足できないような家なら最初から建てないほうがいいのです。

 

家づくりをお手伝いする私たちが考えなくてはいけないのは、いつも言っているように、「適切な価格でキチンと建て安心・安全な家で家族が健康に暮らせる」ということなんです。

価格を下げて、品質を落とし、適正な工事ができなくて万が一欠陥まで出たら大変なことになるのです。

このような理由から、ムリな低価格は危険なのです。

 

建て主さん、あなたはそれでもムリな低価格を望むのですか?

業者さん、あなたの会社はそれでも低価格の家を提供するのですか?

本体価格888万円や980万円。

私が見積もるとどう頑張ってもこの価格にはなりません。

安い材料を使い究極に安く施工させれば可能な数字なのかも知れませんが。

 

それとも本体価格888万円や980万円はお客さんを呼び込むエサで後はオプションで追加金額が出る仕組みなんでしょうか?

ま~どっちにしても適正価格で安い価格を目指さないといけないと思いますよ。

 

建築サポートの建て主と建築業者と設計者が共に同じゴールを目指す家づくりシステム。

・相場や他社より500万円~1000万円安くできる。
・施主が予算と仕様を最終決定できる。
・材料費と施工費のムダゼロ原価建築。
・設計者も建築業者も適正な利益確保。
・予算オーバーや追加工事が出ない。
・価格が全てオープンでストレスなし。
・予算の使い方が明確にわかる。

予算が足らないな~

見積もりが高いとお考えの人やもっと安くならないかと思われる方は▼▼クリックご覧ください。

希望の家を予算内で建てる方法!

【佐賀 建築アドバイザー】低コスト!高品質!自由設計の注文住宅・建築費削減サポート (kashimacity.com)

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。