ローコスト住宅とハイコスト住宅。あなたはどっち?

今、住宅業界を見ると、ハイコストの大手ハウスメーカーとローコストの

 

住宅会社の両極端の家が建てられているようです。

 

 

どうしても中間の価格帯というのはあまり目立たないので、ハイコストの家と

 

ローコストの家の間に埋もれているのかも知れません。

 

 

ハイコストとは坪単価70万円以上でローコストとは坪単価50万円以下の家です。

 

個人的には家はローコストで建てた方がいいと思っています。

 

もちろん品質は高くなければいけませんが。

 

 

 

ところで、

 

今はローコスト住宅ばかりではなく、大手のハウスメーカーまでもが

 

低価格の商品を出しています。

 

 

ハウスメーカーの低価格に対して、本当に大丈夫だろうか?

 

と心配しているのは私だけでしょうか?

 

 

同じ品質や同じ性能なら誰だって安いほうを買います。

 

例えば同じメーカー同じ性能のパソコンが店舗により価格が違うのなら

 

価格だけを比較して安い店舗から買います。

 

これは当然の事です。

 

 

ただ、家となると、どうでしょうか?

 

 

価格をムリに安く設定してしまうととんでもないことになります。

 

もちろんムダな経費を省いてできるだけ安く提供するという

 

気持ちは大切です。

 

実際、私自身もコストダウンをガンガンやっています(笑)

 

 

しかし、もっと大切な事は、

 

「適切な価格でキチンと建て安心・安全な家で家族が健康に暮らせる」

 

ということなんです。

 

 

このことが家の価格では一番大事なことになるんです。

 

それではなぜ、ムリな低価格がいけないのか?

 

それは、「価格に見合った家やサービスしかできないということです。」

 

断定はいけませんね。

 

 

しかし、やっぱりムリな低価格では高品質できちんとしたサービスも

 

できません。

 

 

 

例えば、建て主が希望されれば安い家を建てるのは可能です。

 

 

安い材料を使い、安く仕入れられるキッチンやバス、トイレを使い、

 

間取りも決まったパターンから変更なしで選び、大工や左官の賃金を

 

ギリギリまで値切り、屋根工事、基礎工事、の外注金額を

 

可能な限り下げる。

 

 

また、仕上がってしまったら全く見えない構造材や断熱材

 

の品質を落とす。

 

これなんかはとんでもない事ですが、素人には(失礼)

 

見抜くことができません。

 

 

今は、業界全体が仕事が少なくなっていますので

 

安い価格でも、仕事がないよりマシという業者もいて

 

仕事の品質を下げて施工する業者もいます。

 

 

 

そうすればかなり安く家は建ちます。

 

 

ただ、このように建てられた家で建て主が満足するかです。

 

「家族が健康に快適に暮すことができる家」になるのかです。

 

ほとんどの人はこれでは満足できないと思います。

 

満足できないような家なら最初から建てないほうがいいのです。

 

 

家づくりをお手伝いする私たちが考えなくてはいけないのは、

 

いつも言っているように、

 

「適切な価格でキチンと建て安心・安全な家で家族が健康に暮らせる」

 

ということなんです。

 

 

価格を下げて、品質を落とし、適正な工事ができなくて万が一欠陥まで

 

出たら大変なことになるのです。

 

このような理由から、ムリな低価格は危険なのです。

 

 

建て主さん、あなたはそれでもムリな低価格を望むのですか?

 

 

業者さん、あなたの会社はそれでも低価格の家を提供するのですか?

 

 

本体価格888万円や980万円。

 

私が見積もるとどう頑張ってもこの価格にはなりません。

 

安い材料を使い究極に安く施工させれば可能な数字なのかも知れませんが。

 

 

 

 

それとも本体価格888万円や980万円はお客さんを呼び込むエサで

 

後はオプションで追加金額が出る仕組みなんでしょうか?

 

ま~どっちにしても適正価格で安い価格を目指さないといけないと

 

思いますよ。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net