火災保険の目的

 ■火災保険の目的

 

 

  家を建てたら火災保険を掛けます。

 

  火災保険の対象は火災だけではありません。

 

  風水災などの自然災害や盗難などで、

 

  建物や家財などに生じた損害も含まれます。

 

 

  自然災害の中で対象になるのは、

 

  風災・ひょう災・雪災・水災などです。

 

  地震は対象外なので、

 

  地震保険を火災保険に付帯して契約することになります。

 

 

 

  ■保険価値を超える契約はできません

 

 

  火災保険の保険金の支払限度額は、

 

  損害が生じたときの建物の保険価額を超えることはできません。

 

 

  火災保険を複数契約しても構いませんが、

 

  全社の火災保険の保険金額の合計が、

 

  建物の保険価額を超えないようにしなければなりません。

 

  また、契約先を増やす時には、

 

  他の保険会社と契約していることを

 

  保険会社に報告しなければならないという告知義務があります。

 

 

 

  ■もらい火

 

 

  最近は、耐火性に優れた住宅が増えています。

 

  しかし、数十年前までは類焼の危険性が高い住宅が多く、

 

  自己の建物を焼失し損害を受けた失火者に

 

  損害賠償責任を負わせるのは酷であるという考え方がありました。

 

  そのため、

 

  失火者に重大な過失が無い限り損害賠償を請求できません。

 

 

  私たちは、隣家の火事で被害を受けた場合、

 

  自分の火災保険で対応できるよう備えておく必要があります。

 

 

  保険会社によって補償内容は異なります。

 

  河川が近い、木造住宅が密集している、など

 

  それぞれの土地にはそれぞれのリスクがあります。

 

 

  内容を吟味し、

 

  土地のリスクに対応できる火災保険を選びたいですね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net