ライフプランニングは、家づくりに不可欠

■ライフプランニングは、家づくりに不可欠

 

 

  住宅ローンは、数千万円の借金を数十年かけて返済する大仕事。

 

  無事に終えるためには、今後の収入と支出を把握し、

 

  無理のない返済計画を立てなければなりません。

 

  そのために欠かせないのがライフプランニングです。

 

 

 

  ■定期チェック

 

 

  ライフプランニングの相談相手として重宝するのが

 

  ファイナンシャル・プランナー(FP)。

 

  しかし、相談料や時間のねん出などを負担に感じ、

 

  夫婦だけでライフプラン表を作る人もいます。

 

 

  本やネットなどの情報をもとに作れますが、

 

  保険や教育資金、年金などを考慮しながらの作業は

 

  難しいものです。

 

  不備な点が出てきても不思議ではありません。

 

 

  家族設計の変化や貯蓄の動向なども意識しながら

 

  一度見直してみましょう。

 

  不安な点があれば、FPなど

 

  専門家のアドバイスを求めて解決したいですね。

 

 

 

  ■万が一を想定

 

 

  住宅ローンの返済を終えるまで、

 

  家族や両親がずっと健康に過ごせる保証はありません。

 

  「もし親を介護しなければならなくなったら…」

 

  「もし長期入院したら…」

 

  そんな事態を想定した資金計画を立てておけば

 

  万が一の際に慌てずにすみます。

 

 

  この先数十年のライフプラン表を作成し、

 

  収入や支出の動向を書き出しているなら、

 

  この機会に見直してみましょう。

 

  修正した方が良い箇所が見つかるかもしれませんよ。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net