家づくりはボランティアではできないが利益主義でもいけない

私がこのサイトで伝えたいことは一つです。

 

家を建てる目的は家族が幸せになることですから

 

ムリした資金計画、無理な住宅ローンを組まないで

 

安くていい家を建てましょうという事です。

 

 

他社さんで建てられている人を見ていると無理して

 

住宅ローンを借りて身の丈以上の借り入れをして

 

支払いが大変だという話を良く耳にします。

 

 

この話を聞くたびに、折角の人生を住宅ローンの支払いだけに

 

追われて大変だと他人事ながら思います。

 

 

確かに家を建てたい。

 

自分の家を持ちたい気持ちはよくわかります。

 

そして自分の家を持つことはけして悪いことではないし

 

出来るだけ自分と家族との家を持ってほしいと思っています。

 

 

 

そういう事から他社では相手にもしてもらえない少ない予算の人でも

 

家が持てるようにサポートしています。

 

 

現在も多くの人から資金不足ですが家を持ちたいというご相談が

 

あります。

 

 

中には本当に少ない予算で本当に家が建つのか?

 

という事もありますが、最近はあまり予算のことで深刻に慎重に考え

 

ることはやめましたので何とかなるだろうという事でサポートを引き

 

受けたりしている訳です。

 

 

 

サポートを引き受けてからどうすればこの少ない予算で施主さんが

 

希望する家をつくることが可能になるかをここで真剣に慎重に

 

考えるわけです(笑)

 

 

その時に考えるのが、工事や材料にはお金を掛けますが

 

それ以外にはお金を掛けないという考えがないとダメです。

 

建築サポートの利益や報酬などもなくても構わない。

 

そんな考えでやらないと予算には納まりません。

 

 

通常はお金というサポート費をいただきますが、お金がないなら

 

ムリしてお金で払っていただかなくてもいいのです。

 

 

良く使う手法が、5年間は冬と夏の住み心地を聞かせてください。

 

5年間の実際の光熱費を教えてください。

 

時々建築サポートのホームページに動画出演してください。

 

なんてのも今後は考えています。

 

 

このようにお金がないならその他の対価でもいいのです。

 

もちろん他社さんはこういうことはダメですよ。

 

 

 

そして私が一番お金以外で価値があると思うものは?

 

 

これから家を建てる人のためにいろいろ家作りの先輩として

 

アドバイスやサポートしてください。

 

という事でお金以外のお金では手に入らない生の声という対価をいた

 

だいています。

 

 

 

でも、私の45年の家づくり経験や知識や技術、人脈が人の役に立つ

 

というのはお金も欲しいことは欲しいのですがお金と同じ位嬉しい

 

ものです。

 

 

(お金はないと生活できないのでお金は私も必要です)

 

 

こういうふうに常識では考えられないことも平気でやるわけです。

 

なので資金が少ないというのは建築サポートの家作りではそんなに

 

大きな障害ではありません。

 

 

 

本当の家作りの障害はあなたが本気で家を建てたいか?

 

家を持ちたいと思うのか?

 

あなたの気持ちの問題かと思いますよ。

 

 

 

そして、私と一緒に安くていい家をつくるのも、

 

他社さんで高くて普通の家や低品質の家をつくるのも、

 

あなたの選択次第ですし、最終的に決めるのはあなたです。

 

 

 

私は他社さんみたいに利益重視ではありませんし、他社さんみたいに

 

たくさんのムダな経費を使う家づくりもしていませんし、何より

 

他社さんみたいに売る立場で家づくりをしていません。

 

 

買う立場、実際に使う立場、住宅ローンをは払う立場で家づくりをしている

 

のでそこが一番の違いでしょうね。

 

 

 

 

 

安くていい家を建てましょう。

 

あなたと一緒に!

 

 

PS:資産となる家にするには建築費、価格は安く建てる、手に入れることが条件になります。

高い建築費や価格の家では資産にはなりません。

高い建築費、価格は負債になります。

そのことを良く考えて家づくりを楽しみましょう。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net