家づくり相見積もりの目的

「家づくり相見積もりの目的」

 

あなたは、新築やリフォームの際、

 

複数の業者に見積もりを依頼したいですか?

 

「相場を知りたい」

 

「少しでも安く仕上げたい」

と思うなら、きっと依頼したいと思うことでしょう。クリックで拡大

 

 

 

 

しかし、漠然と依頼すると失敗します。

 

必ず、

 

「全く同じプランで、価格がどれくらい違うのか知りたい」

 

「私の希望・要望をプランにどう反映させるのか、

 

 業者のセンスや相性を知りたい」

 

など、目的を明確にしてください。

 

 

 

 

言われてみると当然のことですね。

 

なのに、案外気づかないものです。

 

その理由は、普段の生活の中で、車や家電など、

 

まったく同じ商品の価格を比較することに慣れているからです。

 

 

 

 

さて、あなたは

 

どうして相見積もりを見たいのでしょう。

 

何を比べたいのか、はっきりしましたか?

 

単に、値引き交渉や駆け引き材料にすることが目的なら、

 

絶対にやめてくださいね。

 

 

 

でないと、目先のことに左右されて

 

家づくりが失敗するかもしれませんから。

 

 

あなたがもし金額を比べたいのなら、

 

「使うもの」「つくるもの」を全て同じにしましょう。

 

でないと、正確に比較できません。

 

 

 

なお、見積書が詳細であればあるほど、

 

その計算には人件費などの経費が発生します。

 

業者によっては、作成費用を請求するかもしれません。

 

トラブルを防ぐために、必ず依頼前に

 

作成費用について確認してください。

 

 

 

 

最後に、技術力の高いベテラン職人と経験の浅い職人では、

 

人件費が異なります。

 

ほかにも、材料や設備機器の仕入れルートや工法など、

 

数字には多くの意味が隠されています。

 

 

 

金額を比較するための相見積もりでは

 

単に数字を見るのではなく

 

「なぜこの金額になるんだろう」

 

と意味を考えながらチェックしたいですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。