1つの土地には5つの価格があります

1つの土地には5つの価格があります

 

 

 

 

土地選びをする時、その地域の土地価格の相場が気になるものです。

 

土地価格を表すのに『一物四価(いちぶつよんか)』という言葉があります。

 

『1つの土地に4つの価格がある』という意味です。

 

 

4つの価格とは、

 

・実勢価格・・・実際の取引が成立する価格

 

・公示地価・・・国土交通省が公示する『標準地』の価格

 

・相続税評価額・・・相続税や贈与税を計算するときの基準となる課税価格

 

・固定資産税評価額・・・固定資産税などの税金を計算する基準となる価格

 

のことです。

 

 

これに

 

・鑑定評価額・・・不動産鑑定士(補助)が鑑定した不動産の価格

 

を加えて『一物五価』ともいいます。

 

 

 

土地の価格は、

 

価値を知る目的に応じて変わってしまうんです。

 

 

あなたが気に入った土地を見つけた時、

 

その価格が適正かどうかチェックしたいなら

 

実勢価格を調べると良いでしょう。

 

 

実勢価格を調べる方法のひとつとして、

 

国土交通省の『不動産取引価格情報検索』があります。

 

http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

 

不動産取引を行った当事者にアンケート調査を行い、

 

その結果をデータ化して公表しているものです。

 

 

 

 

画面左側の検索条件を入力すれば、

 

・最寄り駅の名称や距離

 

・取引総額

 

・土地の坪単価や面積、形状

 

・前面道路の幅員や種類

 

・取引時期

 

など、さまざまなことがわかります。

 

なかなか興味深いデータなので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

 

ところで

 

土地に5つの価格があるということは、6つ目の価格として

 

あなたなりの価格(=値切り)を

 

土地業者に提示してもいいということでしょうか?

 

 

はい。もちろんOKです。

 

 

しかし、ただ単に

 

「安くしてくれ」

 

というのはいけません。

 

それでは相手に失礼です。

 

なぜその価格にしてほしいのか、

 

その根拠を相手に伝えなければなりません。

 

 

 

例えば、

 

「土地と建物で3千万円の予算があります。

 

 こんな建物を計画しているので、建物に2千万円の予算が必要です。

 

 今の収入では、これ以上融資を受けることができません。

 

 予算に合う土地を探そうとしたのですが、

 

 この土地以上に気に入るところを見つけられませんでした。」

 

という具合に。

 

 

これは、かなり自分勝手な根拠です。

 

しかし、それでいいんです。

 

後は、相手がそれを受け入れるかどうかですから。

 

 

 

人気が高い土地なら、この交渉は受け入れられないでしょう。

 

しかし、一日でも早く売りたい状態であれば

 

業者は交渉に応じます。

 

ただし、

 

「○か月以内に新築するのなら売ってもいいですよ」

 

という具合に、業者からも条件を提示されることはあります。

 

 

 

ところで土地の価格交渉はこれでOKですが、

 

建物の価格交渉はお勧めできません。

 

なぜなら、材料の質を落とされたり、

 

手抜き工事をされるリスクがあるからです。

 

用心してくださいね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net