今後は住宅性能が高い家が主流になる

家は省エネルギー快適に健康に暮らせることが大事です。

 

以前は省エネルギーはあまり考えなくても普通に暮らせましたが

 

今は状況が違ってきました。

 

 

原発も大部分が止まり深夜電力も余っていない状況で、

 

全国民が真剣にエネルギーのことを考え、

 

節電にとりくまなければいけない状況に数年前からなっています。

 

 

 

 

昔みたいに隙間だらけの省エネルギーとは程遠い家を建てる訳には

 

いかないんですね。

 

確かに隙間だらけのの家でも暖房をガンガン入れればそれなりに暖かく

 

はなります。

 

 

しかしそれでは暖房をしている部屋としていない部屋の温度差がますます

 

できてしまいますし、せっかく貴重なエネルギーを使って温めた空気をムダ

 

に捨ててしまっています。

 

暖房している部屋としたいない部屋の温度差ができるほど心臓にも負担が

 

かかりますし、高齢の方にとっては命取りになります。

 

 

 

省エネルギーで快適に暮らすことは、

 

環境にも人にも大事なことなんですね。

 

 

少しのエネルギーで快適に健康に暮らすことが今後の家づくりのキーワードです。

 

建築に関わる者は今後、どれだけ少ないエネルギーでどこまで快適に健康に

 

暮らせる家を提供できるかどうかでいい建築業者、ダメな建築業者との

 

評価を受けることでしょう。

 

 

 

建築サポートの省エネルギーで快適なエコハウスへの挑戦もまだ道半ばです。

 

 

ただ一つ分かっているのは今後の家づくりは、これしかないということです。

 

 

省エネ=快適=健康という仕組みです。

 

 

 

 

これからはエアコン1台、2台で快適に出来る家、

 

ということで家づくり計画を勧めなければならないと思います。

 

 

これまで以上に省エネが問われますし、知恵と技術を駆使し

 

エネルギーを無駄使いせずに快適に暮らせる家が求められます。

 

省エネで快適に暮らせる家を手に入れることは難しいことでは

 

ありません。

 

少しの知恵と知識を出せばあなたも快適な空間で暮らすことができます。

 

 

 

今後は樹脂サッシ、高断熱の採用も必須の時代です。

 

樹脂サッシ、高断熱、省エネの家が標準になります。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net