新築でも結露は発生します

これから家を建てる人は結露対策をシッカリしてください。

 

結露は住宅に大きなダメージを与えます。

 

 

結露といえば窓周辺というイメージですが、壁の中でも

 

結露が発生することがあります。

 

それが壁内結露です。

 

 

 

 

原因は、壁の中の断熱材です。

 

断熱材が結露に濡れ、それが断熱材が木材に触れること

 

により、その木材が腐食してしまうんです。

 

 

グラスウールやロックウールなどの断熱材は、水を吸うと

 

縮んでしまいます。

 

そうなると、もう元には戻りません。

 

 

 

そのため、断熱性も低くなってしまいます。

 

「以前より冷暖房の効きが悪くなった」

 

「なんだかかび臭い」

 

といった不安があるなら、専門業者に壁内を調べてもらいましょう。

 

 

放置すると、カビが床下まで広がることがあります。

 

早めのチェックが大切です。

 

 

 

設計や施工が悪いと新築でも断熱材やサッシの種類によっては結露が

 

発生しますので注意が必要です。

 

 

どのような断熱材やサッシを選ぶかによって価格に大きな

 

違いがあるので、建築業者によっては住み心地や結露対策、

 

より安い価格を優先する建築業者も多いので、そこは注意して

 

確認が必要です。

 

 

ただ、値段も上がりますが・・・

 

 

 

 

ところで、浴室は、家の中で最も事故が多い場所です。

 

寒い時期は、ヒートショックも心配。

 

 

これから家づくりを考えている人は、結露が出ない暖かい家で幸せな

 

空間を安心して楽しめるような家についてじっくり考えてみましょう。

 

 

 結露や断熱は住み心地に大きく影響するので新築の設計段階で

シッカリ対策しておきましょう。 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net