入浴中の事故死の実態

■入浴中の事故死の実態

 

 

 

  厚生労働省の研究班の調査によると、

 

  救急車で運ばれた患者数から推計した入浴中の事故死の数は

 

  年間約 1 万9,000人とされています

 

  (死因が溺水以外の疾病等と判断されたものを含む)。

 

 

  入浴中の事故死は冬季に多く、

 

  12月から2月にかけて全体の約5割が発生しています。

 

  また、入浴中の事故は、ほとんどが浴槽内で起きています。

 

  これは、熱い湯に肩まで漬かるという日本固有の入浴スタイルが

 

  影響していると考えられています。

 

 

 

 

  ■消費者庁からの注意喚起

 

 

  1.入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。

 

  2.湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。

 

  3.浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。

 

  4.アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。

 

  5.入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。

 

 

 

  ■『やけど』対策も

 

 

  高齢になると、若い頃に比べて皮膚が薄くなります。

 

  運動機能や感覚機能が低下するため、

 

  入浴時にやけどすることがあります。

 

 

  それを防ぐために、

 

  ・脱衣所・浴室暖房により、寒さによる感覚機能の低下を和らげる

 

  ・自動温度管理ができる浴槽にする

 

  ・湯と水が別々の蛇口から出るのではなく、

 

   一つの蛇口から適温の湯(水)が出る混合水栓にする

 

  などの対策を検討しましょう。

 

 

  これらは

 

  子供だけで入浴する時の事故防止にも役立ちます。

 

  交通事故より身近で、交通事故より死者が多いのが浴室での事故。

 

  癒しの空間を安心して利用できるよう、安全対策をしておきたいです。

 

 

 

 

  寒い家は健康には良くないので暖かい家をつくりましょうね。

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。