工務店選びで失敗しないために

担当者に好印象を抱き、

 

「この人は信頼できる人だから、

 

 この人が勤める工務店なら信頼しても大丈夫だろう」

 

と契約する人は大勢います。

 

 

その結果、信頼を裏切られて失望する人は

 

少なくありません。

 

それは、多くの調査結果が物語っています。

 

 

では、どうすれば信頼できる業者を見分けられるのでしょうか。

 

 

 

 

一般的な方法は以下の通りです。

 

 

 

  • 方法1:代表者と話してみる

 

 

代表者と会って、

 

あなたの話をじっくり聞いてくれるか確かめてみましょう。

 

じっくり聞いてくれる人が代表者なら、

 

親身になってあなたの家を建ててくれることでしょう。

 

 

逆に、会話の最中に

 

違和感や不信感を抱く場面があるかもしれません。

 

そんな時は、たとえ営業マンに好印象を抱いていても

 

別の業者を選んだ方が賢明だと言えるでしょう。

 

なぜなら、もしあなたの現場で問題が起きた時、

 

最終判断を下すのは代表者だからです。

 

 

しかし、ハウスメーカーの場合は代表者に合う事すらできないでしょう。

 

 

 

  • 方法2:普段の現場を見せてもらう

 

 

代表者に好印象を抱いたなら

 

「施工中の現場を見せていただけませんか?」

 

と言ってみましょう。

 

 

現場では

 

・材料が大切に扱われているか

 

・現場で働く職人さんの印象はどうか

 

・路上駐車をしていないか

 

・タバコの吸い殻やゴミが散らかっていないか

 

などを確認してください。

 

 

なぜなら、その業者に依頼したら、

 

その現場の様子があなたの敷地で再現されるからです。

 

 

「職人さんに挨拶したけど無視されちゃった…」

 

「柵など無かったけど、

 

 無人になった時の安全対策に問題は無いのかな」

 

など、現場でしか感じられないことを体感しましょう。

 

 

ここで気を付けたいのは、

 

現場見学会や完成見学会など、

 

見せることを目的とした場所に行くのではなく、

 

普段の現場に行くことです。

 

 

平日に時間を作って見学するのは大変でしょうが、

 

業者の真実の姿は普段の現場にあります。

 

それを見ないで業者を決定するのは不安です。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。