年収の6倍~7倍の家づくりは危険

諸外国に比べても日本の住宅は高いと言われてもう久しいですが

 

私自身も本当に高いと感じています。

 

年収の6倍~7倍それ以上必要な家づくりは本当に高いと

 

思います。

 

 

数年前から安くてもいい家を提供するにはどうしたらいいのか?

 

このことを考えています。

 

 

 

結論としては当たり前のことですが、建材屋さんからいい材料を安く

 

売ってもらい、小さな工務店にきちんと安く工事をしてもらう。

 

 

そして、材料費や工事費以外に設計を含め多くの費用を掛けない。

 

 

これしかないという事が分かりました。

 

 

他社さんの家づくりは設計施工を一式で請け負うことで、全体的に

 

建材費や工事費の他の経費が多くかかっていますから高いのです。

 

この建築会社の経費を減らさない限り安くても良い家はムリです。

 

 

だから、建築サポートでは材料費、工事費を安くすることはもちろんです

 

が材料費、工事費以外の経費の部分の削減を実行することにしました。

 

 

 

 

提供するのは他社さんと同じ住宅ですが、他社さんのような設計施工の請負

 

ではなく、設計施工を請け負わないで家を完成させます。

 

建て主さんの立場に立ってアドバイス、サポート、プロデュースして

 

家を完成させます。

 

 

 

この方法をとることで市価、相場の7割~8割くらいの価格で家を建てる

 

ことができます。

 

省エネ、高断熱、自然素材、高耐震住宅が坪単価で言うと44万円~48万円

 

くらいということでしょうか。

 

 

 

 

安くていい家をお施主さんは求められる人が多いですが、

 

 

それを提供している建築会社はありません。

 

 

建築サポートはメール主体の打ち合わせやムダな費用を省いた設計、進め方、

 

安く家を建ててくれる現場の施工チームの工事で「安くてもいい家」を実現

 

しています。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net