誰のための家づくりか?

今までの家づくりを変えることで安くてもいい家を実現しました。

高い家をつくっているハウスメーカーや建築会社とは違う

家づくりをすればいいのです。

 

常識を変えるという事です。

まだまだ珍しい家づくりシステムですが、このシステムが

やがて家づくりの常識になるかもしれません。

建築業者が目を向けることは株主や自社の利益ではありません。

いつの日もどんな家づくりでも施主、建て主のことを

忘れてはいけません。

 

施主=工務店

施主=設計事務所

施主=建材店

施主=建築サポート

以上の4者契約になります。

 

※建築サポート(マネジメント事務所)が工事費や建材費の見積を

することで施主側に立った(施主さんの要望に添った)

見積もり、資金計画書になります。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net