注文住宅を建てる職人のマナー

家の工事がいざ始まったとき気になるのが職人のマナーです。

 

職人のマナーと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、家の

 

建築にかかわる職人にも色々な方がいます。

 

 

多くの職人がとても真面目に良い仕事をしてくれるのですが、

 

残念ながらマナーの悪い職人がいるのも事実なのです。

 

 

ある施工主が建築途中の家が今どうなっているかと見に行った

 

ときそこである光景に驚いたそうです。

 

 

職人が仕事をしながらタバコを吸っていたり、休憩中にはアル

 

コールを飲んでいたりしていたのです。

 

 

施工主はびっくりして問い詰めたかったそうですが、職人の方が

 

怖くてあまり強く言えずにそのまま工事が進んでしまいました。

 

 

 

しかしそこで何も言えなかったせいか、基礎工事の下にはタバコの

 

吸い殻がそのまま捨ててあったり、ひどいとジュースやコーヒーの

 

缶までそのままなんてこともあったそうです。

 

 

 

床が作られ見えなくなるからといっても、ごみが下にあるというだけ

 

でも嫌な気分にあります。

 

そもそもこれから何十年と住むことになる大事な家をそんな態度で作ら

 

れているのも気分がよくありません。

 

 

 

建築業界も昔はアルコールを飲みながら、タバコを吸いながらというのも

 

ある程度許容されていた時代もありました。

 

ですがそれは昔のことです。

 

 

現在では禁止していないところのほうが珍しいのです。

 

建築現場というのは重機であったり高所であったり、危険がとても多くあ

 

ります。

 

 

そうした現場でそのような態度で作業をしていては事故が起こってもおかしく

 

ありません。

 

もし自分がこれから住む家を建てるときに事故があったなんてことになっては

 

いい気分はしません。

 

 

 

もしそんな職人がいるのであれば、しっかりと苦情をいれましょう。

 

もしそこで「たかがそんなことで怒らなくても」なんて態度で接する

 

建築業者は現在でありえません。

 

 

しっかりとその職人に注意するか、聞き入れてくれない職人は出入り禁止

 

にしてくれるはずです。

 

 

逆に言うとそうしない建築業者は危険です。

 

現在でもそうした風習が当たり前という業者は近い将来仕事をしていけな

 

くなるでしょう。

 

 

 

大事な家だからこそマナーよく真面目に建てていただきたいですね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net