災害にも気をつけたい家づくり

1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんで、

 

1960年から、9月1日は『防災の日』となりました。

 

また、9月は防災月間として、

 

防災意識を高める取り組みなどが全国で行われています。

 

 

ところで、最近は地震が多いため、

 

災害と言えば地震をイメージする人が多いそうです。

 

 

 

しかし、災害はそれだけではありません。

 

暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、津波、噴火、干ばつなど、

 

多岐に渡ります。

 

 

また、これらの自然災害の他、人災と呼ばれる災害もあります。

 

化学物質の流出、爆発、列車事故など、人の行動が原因で起きる

 

災害です。

 

 

いくら耐震性にこだわって地震に強い家を建てたとしても、

 

災害による被害を完全に避けることはできません。

 

 

ただ、地盤や周囲の環境を調べて、

 

リスクの少ない土地を探すことはできます。

 

 

 

2階建住宅を建てる予定なら、

 

どちらかの空間が使えなくなったときを想定しながら

 

家づくりをすることもできます。

 

 

たとえば、1階の1部屋だけ柱を通常の2倍の数建てれば

 

2階が潰れて圧死を防ぐこともできるかもしれません。

 

何かの災害時の緊急避難用の部屋として1部屋作ることもいい

 

かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

家は、家族の命を守る重要な場所です。

 

生活を楽しむことや、家事効率を良くすることも大切ですが、

 

どんな家づくりをしたら家族の安全を確保できるか、

 

といった視点から、ぜひ考えてみたいものですね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net