「採光」と「換気」は快適で健康的に暮らすためには、とても大切な要素。

建物を建てる際守らなければならない法律はたくさんありますが、ww02024
 建具に関していいますと、以下の2つがあります。
「採光」と「換気」です。

快適で健康的に暮らすためには、とても大切な要素になりますね。

それぞれについて詳しくお話していきましょう。

 採光

 法律上も規定されている項目です。
採光といえば、窓。

 

住宅においてはその居室の1/7以上、自然採光をとるための開口部が必要とされています。

 

居室とは、「住居、執務、作業、集会、娯楽、その他これに類する目的のために

 

継続的に使用する室(部屋)」のことです。

 

 

当たり前ですが窓の無い部屋は暗いですよね。

 

そして、じめじめした感じがします。

 

採光の工夫としては、当たり前ですが窓を増やしたり、トップライト(天窓)を設置したりします。

 

トップライトは一般的な壁に取り付けた窓の3倍の光が入ると言われていますね。

 

また、建具のガラス部分を多くしたり、障子を取り入れたり、

 

壁に光を透かす素材を使ったり、さまざまな方法がありますから、相談してみてください。

 

 

 

換気

 

換気の方法は大きく分けて、自然の通風や温度差による方法(自然換気)と、

 

機械設備によって強制的に換気する方法(機械換気)とがあります。

 

 

自然換気は、法律上、開口面積が居室床面積の1/20以上必要と規定されています。

 

部屋は締め切った状態では良くないよということですね。

 

 

また、シックハウス対策のため、24時間(常時)換気の設置が義務付けられました。

 

最近の住宅は気密・断熱性能が良くなっているので、

 

換気が悪いと、水蒸気が窓や壁、さらに壁の内部に結露してしまい、

 

カビやダニなどの問題が発生するということになります。

 

耐久性の回でもお話ししたように、重要ポイントは水分でしたね。

 

大敵である水分を換気することでなくすことができれば、

 

住まいの耐久性も高くなるはずです。

 

 

ちなみに換気扇を付けている方。

 

吸気口(空気の入ってくる場所)が無いといくら回しても部屋の中の空気は外に出ません。

 

空気の流れをよくするには、部屋の2面以上に窓を設置すると良いでしょう

 

 

 

注意点

 

 

「採光」というと“日当たり”を想像しますね。

 

ですが、ここでいう「採光」は太陽光(直射日光)には関係ありません。

 

“天空光”のことです。

 

(天空光とは、太陽の光が空気に反射して空全体から降り注ぐ光のこと。)

 

ですから、真北の一日中日の当らない窓であっても、条件を満たせば採光に有効な窓であり、

 

逆に実際には日光が差すであろうと考えられても、採光に有効とは言えないこともあるのです。

 

◎佐賀で家づくりサポートをしている高井からのメッセージ


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。