建築業者と施主さんの立場の違い

建築業者は誰のための家づくりをしているのか?

 

一般の建築業者は自社のことを優先し家づくりをしています。

 

もちろん建築業者自身のための家づくりをするのはある意味

 

当然ですが、自社の利益はこれくらい、自社が成長するには

 

これくらい利益が必要。

 

 

営業マンにたくさんの給料を払うにはある程度、高い価格で

 

売らないといけない。

 

自社が経営をしていくにはこれ以上安くできない。

 

 

自社が自社が・・・自社がと建築業者自身のことばかり考えて

 

家づくりをしている。

 

 

施主からすると建築会社自身のことばかり考えて家づくりを

 

している会社より、施主のことをもっと考えてよ・・と

 

言いたくもなるかと思います。

 

 

施主さんは建築業者自身のことばかり考えている建築業者と

 

施主さんの立場を考え、施主さんのために家の価格も安く

 

材料の品質も高いものを使い、出来るだけ住宅ローンの

 

負担が少なくなるように考えて家づくりをする建築業者と

 

どちらに家づくりを任せたいと思うのでしょうか?

 

 

 

施主さんとしては自分のためにどんな家を建ててくれるのか?

 

住宅ローンの支払いができるだけ少なくなるように、どくらい

 

安い価格で家づくりをしてくれるのか?

 

 

この建築業者さんで家づくりをすると自分にはどんなメリットが

 

あるのか?

 

 

そういう事が施主さん自身にとっては一番興味があるところではない

 

でしょうか?

 

 

お施主さんと建築業者ではそれぞれの立場が違うので、利益の考え方や

 

家づくりの考え方そのものが違うのが普通で当たり前です。

 

 

ですが、建築業者としてはこれからのことを考えると、建築業者自身の

 

利益や都合はひとまず横に置いておいて、施主さんの立場になり施主さん

 

の利益を第一に考えた方が結果的には建築業者自身の継続的な利益にも

 

つながるのではないでしょうか。

 

 

お施主さんあっての家づくりで、お施主さんあっての利益です。

 

これからの家づくりはお施主さんの立場にどれだけなれるか?

 

どれだけ考えられるか?

 

このことが建築業者としては大切なことかもしれません。

 

 

お施主さんが欲しい家をお施主さんが準備できる建築資金の中で作る。

 

 

限られた資金の中で最高に良い家をつくる。

 

これは間違いではないようです。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。