家づくりの責任に応じて利益をいただくのが正しい家づくり

 

 施主から見て会社経費や利益はムダな部分と思えるかも知れませんが

 

建築会社や工務店に家づくりを依頼する以上なくてはならない費用です。

 

 

簡単にいうとその利益や経費は全責任をもってもらうための費用です。

 

建築会社や設計事務所が責任のない家づくりをしていいのなら、もっと

 

この経費、利益は少なくていいのです。

 

 

前にも言ったように、全責任をあなたや現場の大工さんがとってくれるなら

 

建築価格は驚くほど安くなります。

 

現場の段取をやってくれる建築に少しだけ詳しい若い現場監督を安い報酬で

 

雇えば現場もスムーズにいくかもしれません。

 

 

私自身も自分が請け負う業務の中での全責任を負って家づくりをやっていますが、

 

建築費を少しでも安くしたいとお考えの人がいるのならその人と大工さんが全責任

 

を負う家づくりの方法もやってもいいと思います。

 

もちろん、施主であるあなたが全責任を負うというなら、建築費はビックリするほど

 

安くなります。

 

 

家づくりを請け負う業者は家づくりがボランティアではない以上、

 

その責任に応じた利益をいただくのが正しい利益の考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。