家づくりの責任に応じて利益をいただくのが正しい家づくり

 

 施主から見て会社経費や利益はムダな部分と思えるかも知れませんが

 

建築会社や工務店に家づくりを依頼する以上なくてはならない費用です。

 

 

簡単にいうとその利益や経費は全責任をもってもらうための費用です。

 

建築会社や設計事務所が責任のない家づくりをしていいのなら、もっと

 

この経費、利益は少なくていいのです。

 

 

前にも言ったように、全責任をあなたや現場の大工さんがとってくれるなら

 

建築価格は驚くほど安くなります。

 

現場の段取をやってくれる建築に少しだけ詳しい若い現場監督を安い報酬で

 

雇えば現場もスムーズにいくかもしれません。

 

 

私自身も自分が請け負う業務の中での全責任を負って家づくりをやっていますが、

 

建築費を少しでも安くしたいとお考えの人がいるのならその人と大工さんが全責任

 

を負う家づくりの方法もやってもいいと思います。

 

もちろん、施主であるあなたが全責任を負うというなら、建築費はビックリするほど

 

安くなります。

 

 

家づくりを請け負う業者は家づくりがボランティアではない以上、

 

その責任に応じた利益をいただくのが正しい利益の考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net