建築予算は施主のあなたが決める

家を建てるときに大事なのは資金計画です。

 

これを失敗すると大変なことになるいのでここは重要です。

 

そして最近気になることがあります。

 

 

打ち合わせを施主さんとしていると決まって、

 

「いくらでできますか?」

 

と聞かれます。

 

そう聞かれると

 

「そうですね。坪単価55万円くらいはかかりそうですね」

 

と答えます。

 

これは一見普通の家づくりの打ち合わせのようですがこれは間違いの

 

パターンです。

 

 

そもそも建築業者にいくらでできますか?

 

なんんて聞いてはいけません。

 

 

建築会社は聞かれるからまだはっきり分からない家の価格を

 

自社に都合のいいように言います。

 

そしてその価格は施主にとって都合のいい価格ではなく建築業者にとって

 

都合のいい価格なのです。

 

 

誰だっていくらかかるの?

 

なんて聞かれれば、最初から安い価格なんて言いません。

 

そして建築会社は施主さんの本当の懐具合まで分かりません。

 

 

全額ローンと言いながら実は預貯金をたくさん持っている場合もあるだろうし

 

現金で賄うと言いながら、実は万が一のお金はゼロという場合もあるかも知れません。

 

だから本当のところのお金のことは施主さん以外分からないのです。

 

 

建築会社も最初からお金の話を突っ込んで聞きにくいし聞けない場合がほとんどでしょう。

 

施主さんもまだ依頼するかどうかもわからない相手に自分の本当の懐具合をペラペラ

 

話してくれる人は少ないと思います。

 

 

ただ、話してくれる場合はある程度信頼してもらっれいるのかと思えます。

 

どちらにしてもお互いお金の話はなかなか難しいのです。

 

 

しかし、特に資金計画は大事です。

 

ローンを組むのであれば無理なく返せる金額を考えてみてください。

 

漠然といくら位でできますか?

 

などと建築会社に聞いていてはいけません(笑)

 

 

ここだけの話ですが、見積とは建築会社の都合のいいように作られるものです。

 

あなたがいくらなら無理なく払えるかです。

 

ただあまりに安い建築費だと希望にこたえることができないということもありますが・・・

 

 

もちろん、少し無理しても希望を叶えるということも有ってもいいと思います。

 

 

 

 

今日のまとめ

 

家づくりで一番大事なのはお金の話。

 

建築会社にいくらでできますか?

 

と聞かない。

 

聞いてしまうと建築会社の都合のいい金額を言われる。

 

あくまで主役は施主ですので、あなたがこのような家を

 

  • ●●万円で作ってくれますか?

 

と聞くことです。

 

真面目な建築会社ならその金額では出来ません。

 

これならできます。と明確に答えてくれるでしょう。

 

 

あなたの懐具合で家づくりをしないと後悔します。

 

 

車や電化製品は工業製品で売り手主導が基本

 

家づくりは手作り、施主主導で価格を決めて良いんですよ。

 

 

私も漠然と聞かれると坪55万くらいは普通にかかります。と言います。

 

だってそういわないと、要望や希望をかなえられないから。

 

 

ただ、大まかな建築費の相場位は調べておいた方が良いですね。

 

そうしないと常識はずれの金額を建築会社に言ってバカにされてしまいます。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。