今は節電、エコ、省エネといったキーワードで家づくりをするところが増えてきました

今は節電、エコ、省エネといったキーワードで

 

家づくりをするところが増えてきました。

 

そして、それに加えて忘れてならないのがパッシブデザインという

 

設計の考え方です。

 

 

節電、エコ、省エネという家づくりには

 

高気密高断熱、太陽光発電、オール電化、スマートハウス

 

設備機器のトップランナー、伝統的な民家などいろいろなタイプがあります。

 

 

どれを採用するかはそれぞれの特徴を分かった上であなたに合ったタイプを

 

採用すればいいのですが、どれも完璧という訳にはいきません。

 

 

そしてどれも、節電、エコ、省エネという家づくりには欠かせない

 

大切な家づくりの方法なんですが、これだけでは節電、エコ、省エネの一部に過ぎません。

 

 

やはり本当の節電、エコ、省エネ住宅を作りたいのであれば、

 

このパッシブデザインを考えなければいけないのです。

 

 

パッシブデザインとは、主に太陽光や風の自然エネルギーを最大限に有効に取り込むことが

 

できる設計手法です。

 

 

風通しの良い間取りや冬の陽だまりを取り込む配置、夏の直射日光を防ぐ庇や窓の選択

 

このようなことに配慮して設計します。

 

 

高気密高断熱、太陽光発電、オール電化、スマートハウス

 

設備機器のトップランナー、伝統的な民家の家づくりはどれもエコという部分に

 

行き着くわけですが、これだけでは不十分ということですね。

 

これにパッシブデザインをすることで本当のエコということになります。

 

 

高気密高断熱、太陽光、自然素材を使えばそれだけでエコ、省エネ

 

というような風潮が施主や工務店、建築会社、ハウスメーカーに現在ありますが、

 

けしてそれだけでは省エネ、快適、健康

 

という訳にはいきません。

 

いろいろや要素を組み合わせが大切なんですね。

 

 

昔から風通し日当たりを利用した、家づくりはありました。

 

それを現在はパッシブデザインなんておしゃれに言っているんですね。

 

 

ところで、家の性能をどうするか?

 

というのも大事ですが、もっと大事なことはなんでしょうか?

 

 

 

 それは建築費用です。

 

良い家にすればするほど建築費は高くなる。

 

これも同時に考えて行かないとダメですね。

 

安くてもいい家、他社さんでは不可能でも私なら可能ですよ。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net