注文建築の適正価格とは?

家づくりでは適正価格と言うのが、話題になります。

 

あなたも適正価格が気になりませんか?

 

 

家の適正価格とは一体いくらなのか?

 

 

ハウスメーカーの坪70万以上も適正価格?

 

ローコスト住宅の坪40万円も適正価格?

 

どっちも適正な価格です。

 

建築会社側にとっての適正価格です。

 

 

一般的には家の価格は材料代や大工や左官の

 

人件費に会社の経費を足したものが家の価格になるのですが、

 

これがはたして適正価格なのか?

 

そもそも適正価格というのがあるのでしょうか?

 

 

以前、私も上で書いたように価格を決めていて、

 

それが適正価格だと思っていました。今も思っていますが・・・

 

 

そして、適正価格はあなたが決めるものです。

 

 

一般的な決め方の材料+人件費+会社経費

 

という決め方は一見なんの問題もないような気がしますが、

 

 

大きな問題が隠れています。

 

それは業者目線で価格が決めれれていると言う事です。

 

 

適正価格とはその家の価値が、価格より高いと思ったとき

 

その価格が適正な価格となるのです。

 

 

 

適正価格とはつまり業者が決めるものではなく

 

 

あなたが決めるものです。

 

 

あなたにわかるような形で価格を設定し

 

それを見ていただき納得できればそれが適正価格。

 

 

納得できなければ適正価格ではないということです。

 

 

いくら材料費や人件費が多く掛かっていても価値のない家

 

には多くのお金を払いたくないというのが本当

 

 

ではないでしょうか?

 

 

逆に実際に掛かっている原価は安いけど、

 

 

本当にその人にとって価値があるものなら、

 

少し高くても欲しいものです。

 

 

だからと言って安く作りぼったくりはいけませんが、

 

この家だったらこれくらいは出してもいいね。

 

とあなたが判断したらそれが適正な価格だと思っています。

 

 

 

材料代や人件費の原価の高さと価値は必ずしも比例

 

するとは限らないのですね。

 

 

 

価格だけで家を決める人は少ないですが、家の価格は他の商品と比べたら

 

飛びぬけて高いので適正な価格というのを考えなければなりません。

 

 

そうはいっても価格が適正かなんてなかなか分からないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

価格の決め方には原価積算方式といって原価を積み上げ

 

その価格に会社の利益を足したものを建築価格とする方法

 

が一般的です。

 

 

しかし最近では、原価にかかわらずお客さんがこの商品(家)なら

 

この価格なら買ってもいいという価格をマーケティングによって調べ

 

それによって価格、仕様をを決めるというやり方も増えてきています。

 

 

どちらも一長一短ありますが、そんなことは建築会社の都合であり

 

あなたには関係ないのかも分かりません。

 

あなたはあなたな価値観、価格の根拠、判断で

 

納得したらそれでOKだと思います。

 

それがあなたの適正価格ということです。

 

そして、「あなたの支払能力を超えないこと」というのは

 

言うまでもありません。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net