結局、良い家は知っているか?知らないかの差

■ 消費者は、日本の住宅建築の嘘を感じ始めている。

   ————————————————————————-

海外旅行に出かけたり、お嫁に行ったりと、日本人も

 

海外で生活したり、海外の住宅事情にも詳しくなっています。

 

 

そんな中で、日本では、ビニールクロスや、外壁のサイデング

 

「石油製品」が住宅建材として多く使われて、アレルギー疾患や、

 

化学物質過敏症になる人が多く、日本の住まいは、海外の住宅

 

とは大違い?

 

 

現代の日本の住まいは、可笑しい? と 感じ始めている。

 

 

こんなに湿気の多い日本では、室内は呼吸しないビニールクロス?

 

こんなの可笑しいぞ? 

 

 

海外にはこんな呼吸しない壁はないぞ?

 

やっと、海外の正しい建築の在り方と比較して 日本の住まいは

 

可笑しいと感じ始めている。

 

 

戦後、日本人の多くが どこかの大きな力が働いて ほとんどにせもの

 

の住宅をを買わされきたことが解ってきた。 

 

 

建てては壊し、建ってては壊す? 戦後は終わっていない?

 

奴隷政策である?

 

 

ボンスマイネ → www.vonsumaine.com

 

 

 

 

 

住む人より経済至上主義で家づくりをしている結果

 

こんな家しか作らないようになったんですね。

 

 

経済至上主義=金儲け至上主義です。

 

施主の事より、住み心地より、健康より、耐久性より、省エネより

 

金儲けを優先させるという 事でしょう。

 

 

こんなことでいいわけないのですが。

 

 

早く賢い消費者、施主になることです。

 

 

 

★★★家づくりで思うこと

 

 

 

日本の建築技術は世界と比べても非常に高く

 

ビルや高層マンションなどの建物はいいものが作られている。

 

しかし住宅に限って言えば戦後の復興に合わせて作られたプレハブ

 

の家の性能しかない。

 

個人が住む家だけが昔のままの性能、品質しかないというのが良いはずはない。

 

大手ハウスメーカーの家は坪単価70万~80万という高価格だが

 

その価格の40%は家の性能品質とは関係ないムダな費用に使われている。

 

社会の流れは急速にムダをなくし価値ある家づくりに進んでいる。

 

 

家をただの消費財にしないための資産価値のある家づくりを強く勧める。

 

お金を食い潰すだけの「消費財としての家」と子供に残せる「資産価値のある家」

 

 

どちらが正しい家なのか?どちらが正しい選択なのか?

 

 

 

ランニングコストを考えると

 

「資産価値のある家」はそんなに高くない家でもあるのです。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net