太陽光発電システムの設置業者の信頼度

太陽光発電システムの人気は相変わらずです。

 

特に佐賀県は活発です。

 

 

ただ、そのために人材育成が追いつかないのが現状です。

 

経験不足な施工業者が原因で、雨漏りなどのトラブルが後を

 

絶たないんです。

 

あなたが

 

「このメーカーの製品なら安心だ。」

 

と設置を決めても、施工業者はメーカーの人間ではありませんからね。

 

 

施工不良によるトラブルに対しては、ほとんどのメーカーが

 

「基本的には施工者が責任を負う」

 

としています。

 

万が一に備えて、施工業者に賠償責任保険の加入を勧めているんですが、

 

それを義務にさせているメーカーは、一部です。

 

 

新築住宅の場合は、10年間の瑕疵担保保険の加入が

 

義務付けられていますから万が一の時も安心ですよね。

 

 

もし新築した業者が倒産しても、あなたは補修費用を負担しなくてすみます。

 

しかし、太陽光発電の設置に保険加入は義務付けられていません。

 

もし施工不良が見つかった時に、施工業者に対応能力が無かったら?

 

 

屋根にパネルを設置するときの方法は、各メーカーで異なります。

 

数社の製品を取り扱っている施工業者によると、

 

ちょっとした違いなので、間違えそうになることもあるとか。

 

 

メーカーでは、施工研修を行い、それぞれで人材育成をしていますが、

 

施工実績などによっても、施工業者のレベルには大きな差があります。

 

資源エネルギー庁は、施工者の民間資格制度を立ち上げる予定ですが、

 

もう少し時間がかかりそうです。

 

 

産業技術総合研究所によると、太陽光発電に関わる雨漏りなどのトラブルは、

 

全体の25%を占めています。

 

4件に1件も発生しているんですから

 

「自分の家だけは安心」

 

なんて言っていられません。

 

 

・施工業者のレベル・施工実績

 

・アフターケア

 

・請負賠償責任保険などの加入状況

 

など、聞きにくいこともありますが、契約前に必ず確認して下さい。

 

 

最近は、インターネットなどで勉強して、業者に質問する人が多いので、

 

業者も大変なんだとか。

 

でも、質問を「大変」と感じる時点で

 

「この業者、大丈夫?」

 

って思いませんか?

 

 

 

 

 

 

今、太陽光発電協会をはじめ、様々な団体で施工者の育成に努めています。

 

あなたのファミリーが、より幸せになるために建てた大切な家ですから、

 

家の業者選びの時と同じように、慎重な業者選びをして下さいね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net