いや~家づくりは儲かりますわ!やり方次第では!

家の価格は建築会社でいろいろ違います。

 

坪単価35万円の家もあるし、坪単価80万円もあります。

 

建築費は建てる工務店や建築会社の建築費の考え方や

 

会社規模や利益率によって決定します。

 

利益を最大化したい建築業者は価格が高いですし、

 

いい家や高い材料を使った家でも安く提供しようと頑張っている

 

建築業者の家は安い。

 

価格の決め方は大雑把に言えばこれだけです。

 

 

建築主の人はその価格差の違いが分かる人はあまりいないと思います。

 

しかし建築主として価格の判断基準を持たなければ家づくりを失敗します。

 

 

価格の判断基準とは?

 

それは、各専門業者がきちんと工事できる施工費と材料の最安値購入、

 

そして、家づくりに関わる最低限の経費を足した分が家の価格=適正価格です。

 

この判断基準を守れば手抜きや欠陥住宅の発生はほとんど防げます。

 

手抜き欠陥住宅の原因は施工費不足です。

 

 

家づくりで実際に工事をしているのは下請の専門業者です。

 

元請から少ない施工費で工事をやらされている下請の専門業者も

 

多いのが現状です。

 

私も下請の専門業者時代を長く過ごしたので分かります。

 

 

手抜き欠陥住宅を作った直接の原因は、

 

 

「こんな金額じゃまともに仕事ができない」ということなんですね。

 

建築主は十分に高い建築費用をハウスメーカーや工務店に払ったつもりでも

 

元請のハウスメーカーや工務店はピンハネしているのです。

 

 

建築業の下請構造が手抜きや欠陥住宅を生むのです。

 

 

適正価格とは

 

各専門業者がきちんと工事できる施工費と材料の最安値購入、

 

そして、家づくりに関わる最低限の経費ということです。

 

 

 

 

 

建築主にとっての適正価格で家を建てるにはハウスメーカーや工務店では

 

不可能な場合が多いのは残念なことですが事実です。

 

依頼先次第で建築費が大きく変わることがあることを

 

あなたはどうお考えでしょうか?

 

 

●ビジネスとしての家づくりでは材料費や施工費が建築費全体の40%。

 

建築業者の利益が60%。

 

やり方次第では家の価格が玉ねぎやニンジンと比べて

 

家は安い商品ではないので、

 

ウハウハ儲かりますわ(笑)

gurafu

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net