注文住宅の価格・適正のようでも高いと思われる

建築会社として利益の最大化するというのはビジネスとして

 

当然なんで工務店や建築会社を経営するととても疲れます。

 

そう思います。

 

 

施主さんの限られた建築予算の中で、怪しまれないように

 

また、疑われないように適正な利益を最大化してもらわなければ

 

ならないからです(笑)

 

 

施主さん全ての人が建築会社の適正な経費や利益を安いと思ってくれる人

 

なら何も隠す必要がないのですが、小規模の建築会社で500万円、大規模ハウスメーカーに

 

至っては1000万円という経費利益はどう見ても高いと思われてしまうのです。

 

 

それは建築会社という営利企業ではどうしても仕方ない部分でもあるんですね。

 

そして見積もりを出すという注文住宅の宿命みたいなものです。

 

見積がない他産業の商品利益率は建築会社より高いものも多いと思いますが

 

それが見えないだけなんですね。

 

建築は金額も高いので経費利益も高くなるというわけです。

 

 

 

この経費利益を200~300万円で家づくりをしようとしているのが、

 

無駄を省き最大1000万円建築費を削減する家づくりです。

 

しかも「手抜き、予算オーバー、欠陥住宅を防ぐ」

 

という家づくりでは絶対あってはいけないこともクリアーします。

 

 

ま~建築会社にとってはどうだかと言われそうですが

 

施主にとっては良いことですので、興味がある方は

 

メールでもいただければ相談に乗ります。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net