家づくりの予算が分からないという人がいる?

image

 

 

 

 私の事務所に家づくり相談に来られる人の中にこれから自分たちの

家を建てようとしている時に家づくりにかける予算が分からないという人が

います。

一生で一番高い買い物であろう家づくりで予算が分からない?

 これはいかがなものでしょう。

予算が分からないということは、住宅ローンをいくら借りればいいのかも

分からない。

借りる住宅ローンの金額が分からなければ、毎月の支払いが

いくらなのかも分からない?

 

予算がわからないという事は、土地代にいくら、家そのものにいくら

諸費用にいくらかけていいのかも分からない?

 

わからない、わからないではどうにもならない。

 

家づくりを考え始めたらまず自分たちの収入に応じた家づくりの

予算を考えなければ先に進めません。

 

私たちは家づくりのプロですが、あなたのご家族の収入やライフスタイル

は正直に話していただかないと分かりません。

家をどうしようか?こうしようか?

土地をあれにしようか?

これにしようか?

と考える前に資金計画をきちんと考えてくださいね。

 

私がお勧めしている家づくりの予算は、年収、世帯年収の5倍までです。

年収300万円、世帯年収が300万円の人は1500万円までが住宅ローンで借り入れする

金額です。

収入が400万円のご家族は2000万円が家づくりの予算です。

 

1500万円~2000万円で土地建物を買う(建築)のですが、その金額では足らない人は

どうするんでしょうか?

分かり切ったことです。

 

足らない分は自己資金です。

自己資金がない人は1500万円~2000万円の予算で家づくりを考えるか、貯金をして自己資金が貯まるまで

家づくりを延期するかです。

無理な住宅ローン、無理な資金計画で経済的に破綻する人も少なくありません。

自分たちの収入、世帯収入に見合う家づくりをしたいものですね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net