建てた工務店と良い付き合い

あなたの家に、訪問販売が来たことはありますか?

 

新聞の勧誘なら、まだマシな方。

 

火災報知機・消化器などの比較的低額なものから、

 

オール電化や太陽光発電などの高額なものまで、悪徳業者が存在しています。

 

手抜き工事をしたり、傷んでもいない箇所の補修を勧めるリフォーム業者もいます。

 

口が達者で、一見親切そうなので、普段から警戒していないと怖いですね。

 

 

「畳を低価格で張り替えます」

 

というチラシに、ふと疑問を感じた人がいます。

 

家を建ててからも工務店といい関係を築けていたので、質問してみました。

 

工務店の人は、

 

「そんな金額でやったら、ウチなら確実に赤字です。

 

 一度、見積もりを出してもらって下さい。

 

 ただし、どんな勧誘をされてもその場で返事をしてはダメですよ」

 

と教えてくれました。

 

 

早速、業者に電話して見積もりをもらいましたが、やはり金額は上がっていました。

 

「あれは最低の素材を使った場合の金額で、お宅ならこれでないと」

 

と悪びれる様子もなく親切さを前面に出し、キャンペーン価格ということで

 

その場での返事を要求されたました。

 

工務店のアドバイスがあったので、返事は延ばしましたが、もちろん断りました。

 

 

似たようなケースはたくさんあります。

 

騙されないように、対策を練っておきたいですね。

 

 

まず、会話ができるインターホンがあるなら、そこで要件を尋ねること。

 

会う必要のない人なら、情けは無用。

 

そこできっぱりと断ります。

 

なお、玄関は日頃からできるだけ鍵をかけて、家に入らせないようにしましょう。

 

業者によっては、いきなり玄関ドアを開けて

 

「こんにちは~」

 

と言う場合もあります。

 

 

『直接会えた』という時点で、相手は第一関門を突破しているんです。

 

呼び鈴のみなら、ドア越しに要件を訪ねるか、

 

ドアにチェーンを付けて、細く開けて対応します。

 

 

家に入れたらなかなか帰ってくれない、と覚悟しておかなければいけません。

 

そして、家族構成などの個人情報を教えないこと。

 

相手の話に興味がある、というそぶりを見せないこと。

 

「キャンペーン」「限定○名様」という誘惑に負けないこと。

 

 

…でも、何より大事なのは、前述の方と同じように、どんなに

 

「信頼できそう」「申し込みたい」

 

と思っても、その場で返事をしないことです。

 

もちろん、断るのはその場でOKですよ。

 

もし、相手の話に興味を持ったら、

 

 ・その会社の所在地・電話番号などが正しいか調べる。

 

 ・地元の複数の業者から、同じ内容での見積もりを取る(相場を調べる)

 

 ・クーリング・オフできるのか(できる場合は、その期間も)

 

など、確認作業をしなくてはいけません。

 

電話帳に載っていない、店舗・事務所を持っていない、という事例はたくさんあります。

 

 

 

 

 

「ウチを建ててくれた住宅会社と、ずっと良いお付き合いをしています。

 

 家関連のことは全てそちらに相談しているので、お断りします」

 

と言ったら、相手は何も言えなくなるでしょう。

 

 

もしあなたに家づくりの計画があるのなら、

 

そんなことを含め、何でも相談できるところに出会えるといいですね。

 

 

 

質問やご意見がある方は下のフォームよりどうぞ

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net