佐賀で家を持つそれともアパートでいい

アパート暮らしの人は毎月4万円~7万円

 

を家賃として大家さんに払っていますが、

 

そのお金は大家さんのお金であなたのお金ではありません。

 

 

大家さんは家賃としていただいたお金をアパートの建築費用に

 

払ったり、税金を払ったりして、残ったお金が大家さんの

 

収入になります。2015090308370000

 

 

全ての家賃が大家さんの収入にはならないのですが

 

アパートの建築費用や税金、大家さんの収入

 

全てがあなたの家賃からまかなわれています。

 

 

結論:アパート暮らしでは何年払っても自分の家にはならないということです。

 

資産にならないということです。

 

老後もアパート暮らしなら、家賃が経済的負担になるのも

 

考えておかなければなりません。定年退職後、収入がなくなっても家賃は

 

毎月必要ですからね。

 

 

 

もし、持ち家を建てたなら、家賃ではなく住宅ローンという形で

 

返済していきます。

 

 

返済ですので返済が終われば自分のものになります。

 

自分のものですから、その後売ろうが、貸そうが自由です。

 

家賃も住宅ローンも毎月住居費として出て行くお金です。

 

ただ家賃をいくら払っても自分の家にはなりません。

 

 

持ち家の住宅ローンは払ってしまえば自分の家です。

 

定年退職後の資産形成にもなります。

 

家賃に4~5万払うなら

 

自分の家に7万払うほうが特になります。

 

 

私も住宅ローンを利用して家を建てました。

 

毎月の住宅ローンは絶対払いますが、

 

その金額を貯金しろといわれてもなかなか

 

できないのが現状です。

 

 

住宅ローンは生命保険つき資産形成のためのもの

 

でアパートの家賃を延々と払うより、断然

 

お得な買い物です。

 

 

そして家を建てるならできるだけ若いうちに

 

計画をしましょう。

 

 

若いうちに住宅ローンが終わるのはいいことです。

 

ただ自己資金との関係もあるので、自己資金が

 

全くないというのも大変です。

 

自己資金をいくらか貯蓄し、できるだけ若いうちに建てるのが

 

いいですね。

 

 

 

 

 

ただ、新築の場合、資金計画だけは

 

しっかりしておかないと、2~3年で

 

手放さなくてはならないようになったりします。

 

しかし、結局のところアパートの家賃も払えなくなれば

 

出ていくしかないので同じですね。

 

 

今は、住宅ローンの期間中で返済が苦しくなった場合

 

その家を人に貸し、自分は家賃の安いところに住むという方法も

 

あります。

 

このような制度を利用すれば、手放さなくても最後は

 

自分の家となり資産となります。

 

 

住宅ローンが終わったときできるだけ高く売れる家をつくるのは

 

安心した老後を迎えるための方法です。

 

老後は金銭的に何事もなく平穏に暮らしたいですね(笑)

 

 

年取ってからお金で苦労するのは結構つらい!

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。