怖い住宅火災

アパート火災のニュースが流れていました。

住宅火災怖いですよね。

 

 

  • 亡くなる理由は・・・

 

 

  住宅火災による死者の約6割は、

 

  逃げ遅れが原因で亡くなっています。

 

  65歳以上の高齢者が、その過半数を占めています。

 

 

  早い段階で気づけば、自力で消火できたかもしれません。

 

  たとえ消火ができなくても、無事に避難できたかもしれません。

 

 

  そう考えると、とても残念ですよね。

 

 

 

  • 冬は火災の原因が増えます

 

 

  冬の暖かい衣類は、室内の埃が増える原因になります。

 

  特にコンセント回りはこまめに掃除して、

 

  埃による火災を防ぎましょう。

 

 

  最も注意したいのは、

 

  ストーブ、石油ファンヒーター、こたつなどの暖房器具。

 

  これらを使うなら、火災対策は必須です。

 

 

  すぐにできる対策は

 

  ・カーテンや寝具などは防炎のものにする

 

  ・使いやすい消火器をキッチンやリビングなどに常備する

 

  ・こたつの中に衣類などを入れっぱなしにしない

 

  ・こたつや布団の近くで暖房器具を使用しない

 

  ・ホットカーペットを折れたままの状態で使用しない

 

  ・たこ足配線をやめる

 

  などがあります。

 

 

  できることから始めてみましょう。

 

 

 

  • 迅速に避難する方法を考えましょう

 

 

  高齢や病気などの時、

 

  急いで階段を下りて避難するのは難しいですよね。

 

  不測の事態に備えて

 

  ・寝室として使える部屋を1階に設ける

 

  ・2階にいても1階の火災に気づけるよう、

 

   連動型の火災報知器を設置する

 

  ・階段を下りて避難できない場合に備え、

 

   災害避難はしごをベランダなどに常備する

 

  などの対策を検討しておきたいものですね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net