リフォームのこと

今は、住まいに暮らし方を合わせるのではなく、暮らし方に住まいを

 

合わせる時代。

 

ですから、リフォーム人気はとどまるところを知りません。

 

ただ、そのために他業種からも業者が参入したり、技術力が足りない

 

業者が施工したりと、何かとトラブルが多いのが現状。

 

 

ということで、リフォームの訪問営業を受けた時に交わす

 

見積書や契約書について、気をつけたいことをお伝えします。

 

 

takaiさん、見積書に『工事一式』と書かれていたら要注意です。

 

『工事の範囲、内容、材料の質と量、単価や総額』など、依頼者が

 

知りたいことはたくさんあります。

 

それを『一式』と見積書に記載する業者は、契約書にも、同じように

 

『一式』と記載する場合があります。

 

 

となると、依頼者は業者の口頭説明でしか情報を得ることができません。

 

事前説明とは違う内容で施工されても、

 

「『一式』で契約してしまった以上、何も文句を言えない・・・」

 

と泣き寝入りをしてしまうかもしれません。

 

 

でもtakaiさん、安心してください。

 

『工事一式』と書かれた契約書は、契約が成立するために必要な

 

ことが書かれていません。

 

ですから、クーリング・オフが起算されていないのです。

 

つまり、クーリング・オフの期限とされる8日間が過ぎていたとしても、

 

申請さえすれば契約を白紙にできるんです。

 

 

これ、どうやら知らない人がいるようです。

 

 

リフォーム契約を交わす時、契約書には

 

・商品のメーカー名、商品名、種類、製造者名、型式、数量

 

・工事内容

 

・商品の価格、人件費、合計額

 

などが詳細に記載されていなければいけません。

 

依頼者は、その内容を見て、工事を依頼するかどうかを最終判断を

 

します。

 

もし一度OKし、その後で解約したいと思ったなら、契約日から8日

 

以内に依頼者が申請しない限り、クーリング・オフは適用されません。

 

 

しかし、契約書に不備があった場合は別です。

 

起算されないということは、期日に到達することもありません。

 

ただ、誠実でない業者の場合、あの手この手でクーリング・オフを妨害

 

してくるでしょう。

 

 

その時は、弁護士や自治体の窓口に相談して、毅然とした対応をしてください。

 

そうでないと、解決するのはなかなか難しいようです。

 

そんな目に遭わないためにも、契約する前は慎重に行動したいものですね。

 

 

今、小規模なリフォーム工事では契約書すら取り交わさないケースや、

 

曖昧な内容による契約、安易な変更等によるトラブルが多発しています。

 

業者とあなたがお互いに安心してリフォーム工事ができるよう、

 

こういった点には注意したいものですね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net