土地が先か?建物が先か?

土地を購入してから家づくりについて考える、は間違い。

 

 

 私は、土地も持っていないし、

 

 全額自己資金で土地を買えるわけでもなく、

 

 マイホームを手に入れるためには、

 

 土地が決まる(購入する)→家づくりをする業者を探す

 

 そういうものだと思っていませんか。

 

 

私も以前はそう思っていました。

 

 

細かな資金計画を…と言われても、

 

 土地と建物の両方に頭金が必要で、

 

 それぞれローンを組むと…

 

 うーん?土地を買った後、また建物の方でローン組めるの?

 

 なんて考えていると…

 

 「何が何だかわからない…」

 

 「建物の方にどれくらいお金がかかるのかハッキリしない…」

 

 「それならマンションの方がスッキリわかりやすいじゃないか!」

 

 「もうマンションにしよう!!!」

 

 

 なんて、考えてしまいませんか?

 

 

■資金計画とローンの考え方

 

 

 ではどのように資金計画をすればよいのでしょうか?    

 

例えば…

 

  • 予算→土地:800万円 建物:2,200万円 計:3,000万円

  

 と、決めたとします。

 

 次に頭金をどれくらい準備できるのかを考えてください。

 

  • 資金計画→自己資金:500万円 ローン:2,500万円

        

 上のような計画を立てて、希望する土地が見つかったとしましょう。

 

 例えば、800万円の土地を買うのに、

 

 自己資金500万円全額使うわけにはいかないので、

 

 土地代800万円購入の頭金は300万円として、

 

 500万円はローンを利用します。

 

 

 そして、ローンを借りるためには審査を申し込むのですが、

 

 土地の分だけではなく、

 

 必要になるローン全額(土地+建物)の

 

 2,500万円での審査をしてもらうんです。

 

 

 土地だけ買えて、その後建物に必要なローンが借りられない…

 

 なんていうことになっては困るでしょうし、

 

 土地購入後には、ローンの支払いが始まるのですから、

 

 普通はすぐに建物も建てることになるのです。

 

 

 そして、審査が通った場合、

 

 まずは土地の500万円を先に出してもらうことになります。

 

 …が、ここで問題が…

 

 ローン実行のために銀行に提出する必要書類として、

 

 「建築確認通知書」や「請負契約書」などが必要になるのです!

 

 

 ※「建築確認通知書」とは、

 

  市役所などの建築基準法に基く図面の審査を受けて

  

  合格したという通知書。

  

  建築業者や設計事務所に依頼する必要があります。

 

 

 というわけで、

 

 土地代をローンで支払う=建築業者と家づくりプランが決定している

 

 ということになるのです。

 

 

 

 

最近は土地がない状態でもプランを作るように

 

しています。

 

そうしないと、土地が見つかり買いたいと思ってからでは

 

時間がかかりすぎて、他の人に希望の土地を先に、

 

買われてしまうし、何より、土地を買った残りで

 

建物をつくることになるからです。

 

 

土地を買うのは建物を建てるために買うのですから

 

建物の方が重要です。

 

建物の予算や、プランを考えた上、残った資金で

 

買える土地を買ったほうが、より良い家づくりに

 

なるんではにでしょうか。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net