家づくりの安全予算とは何でしょう?

安全な予算を組むためにはどうすればいいかと言う話です。

 

 

 

まず、正しい資金計画をするには、生活を楽しむことを目的とすべきです。

 

建物よりも、楽しい生活を送れるということが、

 

家を建てる目的としなければいけません。

 

 

でも実際、家づくりが始まると、何とかいい家にしようと努力します。

 

建物ばかりに焦点が合って、楽しく暮らすということが

 

横に追いやられているんです。

 

家づくりが進めば進むほど、建物の話になっていきます。

 

 

 

それは、家を建てる業者さんもそうです。

 

業者側も、ほとんど建物の話しかしません。

 

いかに良い建物にするか。

 

いかに長持ちする家にするか。

 

 

彼らは、そういうことには確かに長けています。

 

しかし、新築したからといって夢の生活が始まるわけではありません。

 

ごく当たり前の日常生活を送ることになります。

 

その日常生活で、どういう生活を送ることが自分にとって一番いいのか?

 

それは、それぞれの家庭によって価値基準によって違います。

 

 

 

自分が生活を楽しむためにはどういう家にすべきか、

 

という観点で考えてください。

 

本来、家を建てることは手段のはず。

 

しかし、建物が目的になってしまっているんですね。

 

目的を間違えないこと、それが一番大切な点です。

 

 

 

例えば、設備を決めるとき、その設備を入れることによって

 

更に楽しい生活ができるのか?

 

全て何かを決める時には必ず、自分達の生活がより楽しくなるかどうか?

 

そういう判断基準で考えると、建物に焦点が合わずにすみます。

 

ぜひ、生活に焦点を合わせた家づくりをしてくださいね。

 

 

 

家は新しくなったのに、家族がバラバラ。

 

残念ながら、そういう家庭が多く見られます。

 

それは特に、狭いアパート住まいの方に多いみたいですね。

 

 

なぜなら、新築の家はアパートより広くなるからです。

 

当然、部屋も増えるし、広くなります。

 

すると、快適になり家族それぞれが自分の部屋にとじこもるようになります。

 

そして、家族のコミュニケーションが減ってきます。

 

家族が同居人になってしまうと言う問題が起きてます。

 

 

 

アパート住まいの時は、部屋数が少ないので

 

どうしても1つの部屋にいる事になります。

 

その時は、家族がリビングダイニングで一緒にだんらんを

 

楽しんでいたはずです。

 

 

しかし、新居では食事が終わればそれぞれが自分の個室に行きます。

 

そして、朝まで顔を合わすことがない。

 

そういう家庭をよく見ます。

 

 

 

あなたは、そうならない工夫をした家づくりを考えてくださいね。

 

また、無理な資金計画をすると、後々返済できなくなり

 

家を手放すことにもなりかねません。

 

そうならないためにも、ぜひ安全な予算を組んで下さいね。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net