材料費と施工費とその他費用を分けたら分かりやすい

【日本で初めての建築コスト削減専門事務所・必ず予算内でコストダウン】

 

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

家の価格は見積というもので総額がわかります。

しかし建築業者さんによっては本体工事1式2000万円という出し方をする場合もありますが、このような出し方では中身が良くわからないので建築業界の見積もりは不透明だとも言われています。

 

建築サポートのメール無料相談 (1lejend.com)

 

そこで分かりやすい見積ということで材料費と施工費そしてその他の経費という具合に3つの大項目に分けた見積もりを建築サポートでは出しています。

たとえば35坪の自然素材の家を建てたとすれば、

 DSC000511img2

施工費680万円税込

材料費970万円税込

計画設計施工管理費160万円税込

建築確認申請費30万円税込

 

建築サポート「ムダゼロ原価建築」流れ。佐賀県で一番いい家づくりをあなたへ。

 

合計1840万円税込 坪単価525700円税込

ハウスメーカーさんや一般の建築会社さんと比べればかなり安いようです(自信満々)という具合になります。

これで見ると材料費の比率が一番高くなります。

やはり無垢の木や塗壁はビニールクロスや合板のフローリングに比べたら高い材料です。

樹脂製の遮熱ガラス入りサッシも通常のアルミサッシと比べたら高いですからね。

 

 材料費は材料の選択次第で高くも安くもなるということです。

 

結果、建築費は材料次第で高くも安くも出来ると言えます。

 

コチラをクリック

クリック

t

失敗しない家づくりレポート

(ハウスメーカーで建てたい人は読まないでください)

無料プレゼント!家づくりに真剣な人だけのレポートです。

tps://www.kashimacity.com/kenchiku-report/

施工費はどのような材料に変更しても大きく変わることはありません。

建築確認申請費も大きな金額ではないので大きくは下がりません。

予算内でムダなコストをかけない家づくりは他社ではできない家づくりです。

 

家はいい家が欲しい。そして価格は予算内で欲しい。

施主さんのご希望の家をご希望の予算内で実現。

予算内でどこまでいい材料を使えるか?

予算内でどこまで住宅性能を高める家づくりができるか?

 

あなたの夢のマイホーム実現の可能性は?

建築サポートにお任せください。

必ず予算内でコストダウンしてあなたの理想のマイホームを実現します。

 

 

参考35坪プラン

35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資金計画・設計・建築業者さん探しを本格サポート

希望する理想の家を自分の予算内で建てたい方はサイトをチェック

 

建築サポートの失敗しない家づくりの流れはこちら

https://plan-mitsumori.com/19554

 

欲しい家を予算内で建てたいなら建築サポートがお教えします!

無料メルマガ:「ムダゼロの原価建築」に登録!!

家づくり経験45年の建築サポート高井がお伝えする誰でもカンタン理想の家づくりができる方法!

良い家を安く建てたい方は無料登録


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。