ウッドエコハウスとは自然素材の家

今まで40数年家づくりをしてきた中で

 

今私たちが作っている家ほど最高といえる家は

 

過去にはありませんでした。

 

 

今までも○○工法や○○の家などを

 

扱い建ててきましたが、今建てているほど

 

自身を持って勧めることはありませんでした。

 

 

しかし今建てている家は自信を持って勧めることができます。

 

 

その名はウッドエコハウス

 

私が勝手に付けました。

 

今後はそう呼びましょう(笑)

 

 

住まいは安全に健康で快適に

 

暮らせるというのが基本条件です。

 

 

ウッドエコハウスはその基本条件を

 

クリアーした上、環境に配慮し、

 

そこに住まう人が幸せになるような家作りを

 

目的として近未来環境共存型、ウッドエコハウスを提案します。

 

 

 

1・自然素材と化学物質

 

ウッドエコハウスの内壁、床、天井には

 

全て自然素材を使います。

 

具体的には内壁に塗り壁の

 

西洋漆喰、床には無垢の木(厚み30ミリ)、

 

天井には和紙を使います。

 

 

健康で快適の定義はいろいろな考え方がありますが、

 

一番大事なのは空気環境だと考えます。

 

 

澄み切った空気、森にいるような空気の

 

質こそ密閉された室内空間には大事ではないでしょうか。

 

 

健康で快適な暮らしは「空気がおいしい」

 

というまではいかないかもしれませんが、

 

空気の質を考えた場合、工業製品で作られた、

 

化学物質が多少なりとも入っている新建材は

 

極力排除するのが当然なのです。

 

 

また自然素材に備わっている、調質機能や

 

蓄熱性能、本物だから長持ちする

 

耐久性これらの特徴を持った

 

自然素材を家に使うのは当然の流れとなるのです。

 

 

なぜ、価格が安いというだけで健康にも、

 

性能的にも劣る工業製品のニセモノ建材を

 

たくさん使うのですか?

 

 

 確かに塗り壁や無垢の木は施工も

 

簡単というわけには行きません。

 

 

特に塗り壁は材料の選定から下地、材料と

 

水の調合割合まで考えてやらないと、

 

ひび割れや隙間等が起こり、

 

見た目上もよくありません。

 

 

ただ、この施工をキチンと

 

完璧に行うことができたら、

 

これ以上の壁は存在しないのです。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。